環境人材育成プログラムの開発

EcoLeaDは、環境省と協働で、高等教育機関や企業における研修等に導入されることを想定した、環境人材育成の2つのプログラムガイドラインを構築しました。
ワーキンググループでは、大学、企業、NGO/NPO等、産学官民から多様なメンバーが参加し、プログラム内容の検討を行いました。

「環境力」を有するT字型人材育成プログラム

「大学における教養科目としての「環境力」を有するT字型人材育成プログラム」は、環境に関する知識・スキル・態度を養う基礎的な科目として、大学の教養課程等での利用を想定したプログラムです。1科目15項目から構成されています。

<<「環境力」を有するT字型人材育成プログラムの詳細情報こちら>>

グリーンマネジメントプログラム(GMP)

企業や行政等の現場で経営や事業活動をグリーン化し、環境経営を推進していく人材を育成するために構築された、企業価値を最大化させる環境経営力を養成するプログラムです。大学院修士課程で副専攻として導入することを想定し、6科目から成るカリキュラムの体系化を図りました。

<<大学院修士課程 環境経営副専攻プログラム(GMP)の詳細情報こちら>>