平成23年度 第1回環境人材育成研究交流大会

第1回 環境人材育成研究交流大会
日本の環境人材育成に携わる関係者が一堂に会し、高等教育における環境人材育成、持続可能な開発のための教育及び環境教育の実践に関する成果や取組のノウハウや情報を幅広く共有するとともに、産学官民の多様な関係者の交流を通じて、環境人材育成のさらなる促進に寄与することを目的として開催いたしました。

※当日のプログラムはこちら icon01(クリックでPDFが開きます)

日時
  • 3月12日(月) 14:30~18:00

    3月13日(火) 10:00~17:40
会場
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

    (神奈川県藤沢市)
主催
  • 環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)

    一般財団法人持続性推進機構(IPSuS)
共催
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
後援
  • 環境省、文部科学省、神奈川県、藤沢市

    財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)

    ProSPER.Net(アジア太平洋環境大学院ネットワーク)
参加者
  • 94名

■セッション■

(1)産学官民の各団体、関係者による環境人材育成の取組事例・研究に関する発表

【大学】

・学部/大学院における環境人材育成の取組

・プログラム、コース及びカリキュラム開発

・授業での実践教育の取組、教材開発

【企業、NGO/NPO、行政】

・組織内における環境人材育成の取組(社内教育・研修等)

・一般を対象とした環境人材育成の取組(一般向けセミナー、研修会、自然体験プログラム等)

(2)産学官民連携による環境人材育成の取組事例・研究に関する発表

・大学間連携による単位互換、教育プログラムの共同開講 等

・産学官民連携によるインターンシップ・共同研究の実施

・地域ネットワークや大学コンソーシアム等を通じた連携

・産学官民連携による教育プログラムの共同開発 等

(3)環境人材育成プログラムの受講生及び修了生等による研究・成果発表

・受講した環境人材育成プログラムに対する評価

・授業やプログラムに関連したグループプロジェクトや学生活動等の学内での活動

・インターンシップ、海外研修、共同研究等の学外での活動

・日中韓環境教育ネットワーク ワークショップ及びシンポジウム派遣学生による報告と発表

■国際ワークショップ「アジア太平洋地域の高等教育機関におけるESDに関する取組」

海外での先進的な環境人材育成の取組についての発表及びアジア太平洋地域における

環境人材育成のさらなる推進に向けた議論を行いました。

なお、本ワークショップは、英語で実施いたしました。(日英同時通訳付)

【講演者】

Prof. Michael Norton (Shinshu University)

Dr. Aurea Christine Tanaka (UNU-IAS)

Prof. Sudip Kumar Rakshit (Asian Institute of Technology)

Dr. Zainal Abidin Sanusi (Universiti Sains Malaysia)