「環境 人づくり企業大賞2015」の募集開始

「環境 人づくり企業大賞2015」の募集開始



「環境 人づくり企業大賞2015」の募集開始
~「環境」の時代、発展する企業は「人づくり」から。~

 ※募集期間延長!締切1月13日(水)まで

主催:環境省、環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)



この度、より多くのご応募をいただくため、締切を【1/13まで】延長しました!

 応募方法及びスケジュールの詳細はこちらから

【目的・趣旨】

 近年、地球環境問題が深刻化する中で、これまでの社会構造や産業構造の転換を通して、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会を統合的に実現し、地球環境と調和した持続可能な社会を構築することが私たち人類の共通課題になっています。
 特に、企業は社会経済システムの中で主要な役割を担う存在であり、持続可能な社会の実現に向けて、その責任や役割はますます大きくなっています。
 本表彰では、地球環境と調和した企業経営を実現し、環境保全や社会経済のグリーン化を牽引する人材、すなわち環境人材の育成推進を目的に、自社社員を対象とした優良な取組を行う企業を表彰します。

各種資料のダウンロード
※  「環境 人づくり企業大賞2015」募集要項icon
応募申込書 icon

2015_flyer_rev1

「環境 人づくり企業大賞2015」募集チラシicon

昨年度の受賞取組http://www.eco-lead.jp/commendation/history/

募集概要

1. 募集対象・要件
【募集対象】

地球環境と調和した企業経営の必要性を認識し、その実現のため自ら進んで行動する自社の社員の育成に係る取組

【要件】
  • 企業が自ら雇用する社員を対象として行う取組であること(社員以外の者が取組に参加してもよい)
  • 継続して過去1年間以上実施されており、今後2年間以上継続して実施する予定の取組であること。
  
2. 応募資格と応募区分
【応募資格】 

日本国内の企業

 【応募区分】 

応募企業は「大企業」又は「中小企業等」のいずれかに区分します。

  •  「中小企業等」への区分は、以下の表に基づきます。「中小企業等」に含まれない企業は「大企業」に区分します。
  •  応募は、一企業1応募としますが、事業場・工場等において、全社とは別に独立した取組を行っている場合は、事業場・工場単位で応募することができます。
  • 事業所・工場単位でご応募された場合は、事業所・工場に就業する社員数によって、「大企業」又は「中小企業等」に区分します。

 

2015_division

 3. 賞の種類
  • 環境大臣賞:合計2件
      最も優れた取組を行う企業を表彰します(応募区分ごとに1件)。
  • 優秀賞:合計10件程度
      優れた取組を行う企業を表彰します(応募区分ごとに5件程度)。
  • 奨励賞:件数の限りなし
      優良な取組と認められ、今後の発展が期待される企業を表彰します。
  

4. 応募期間及び応募方法
【応募期間】 

平成27年10月30日(金)~平成28年1月13日(水)※募集期間延長

【応募方法及びスケジュール】

 ① 応募エントリー期限 : 1月8日(金)18:00 まで

応募予定の方は、上記期限までに以下のウェブフォームにご記入ください。
●応募エントリー:https://ssl.alpha-prm.jp/eco-lead.jp/award2015.html

②「応募書類」の提出期限 : 1月13日(水)18:00 まで

icon応募申込書に必要事項をご記入の上、「環境 人づくり企業大賞2015」事務局宛に以下の資料とあわせて、メールでご提出ください。

  • 取組の「実施実績」に係る添付書類

 

※提出方法の詳細は「icon 「環境 人づくり企業大賞2015」募集要項」をご参照ください。

ページの先頭に戻る

5. 選考方法

ワーキンググループ委員会による一次選考を経て、審査委員会による最終審査により選考審査を行います。

<審査委員会> ※敬称略、50音順

  • 奥 真美(審査委員長)
     (首都大学東京都市教養学部都市政策コース教授)
  • 池田 三知子
    (一般社団法人日本経済団体連合会環境本部本部長)
  • 石野 耕也
     (中央大学法科大学院教授、元環境省審議官)
  • 黒柳 要次
     
    (エコアクション21中央事務局参与、東京商工会議所環境検定テキスト作成委員)
  • 後藤 敏彦
     
    (環境監査研究会代表幹事、
      一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン理事)
  • 齋藤 弘憲
     
    (公益社団法人経済同友会政策調査部部長)
  • 佐藤 幸太郎
     (東京商工会議所検定事業部検定センター所長)
  • 重 政子
     
    (NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議代表理事)
  • 高橋 正弘
     (大正大学人間学部人間環境学科教授)
  • 星野 智子
     
    (一般社団法人環境パートナーシップ会議副代表理事)
  • 味埜 俊
     
    (東京大学大学院新領域創成科学研究科長)

 

  なお、ワーキンググループ委員については、選考結果の発表時に公表します。

 【主な評価要素】

審査にあたっては、以下の5つの評価要素を特に重視し、他の企業や社会への影響力、波及効果等も考慮の上、取組全体を総合的に評価します。

  1.  普及性:より多くの社員が教育を受けられるように配慮されていること。
  2.  体系性:教育の目的や社員の職種、年次などに応じて体系的に組み立てられていること。
  3. 先進性:教育内容や教育手法が先進的であり、独自の工夫がみられること。
  4. 継続性:過去に実績があり、継続的に実施されていること。
  5. 改善性:過去の実施結果を検証し、取組内容に改善を加えていること。
  
6. 公表・表彰
【審査結果通知】

3月下旬に環境省ウェブサイトで受賞企業を公表予定です。
なお、審査結果は、事務局が全応募企業に対して個別に通知します。

【表彰式】

表彰式の詳細については受賞企業の公表にあわせてお知らせします。

7. 応募書類の提出/お問い合わせ
「環境 人づくり企業大賞2015」事務局 


住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-18 4F(一般財団法人持続性推進機構 内)
担当:松永、山田
TEL: 03-6418-0375
E-mail: info■eco-lead.jp (※■は@に置き換えてください。)

ページの先頭に戻る