第3回アジア環境人材育成研究交流大会

第3回アジア環境人材育成研究交流大会



第3回アジア環境人材育成研究交流大会
~持続可能な社会に向けたアジアの大学教育最前線~



 環境人材育成の取組推進を目指し、産学官民の出席者による事例発表・意見交換を通じて、環境人材育成のビジョンの共有、教育の質の向上や、今後の連携促進を目的として開催します。第3回となる本大会は、アジアにおいて持続可能な社会構築を牽引する環境人材の育成、各国の利害を超えてさまざまな分野で地球環境問題に取り組む次世代環境リーダーの育成を目指し、アジアの大学から講演者を招いて国際シンポジウム及び教育事例セッションを開催します。

ダウンロード: 日本語プログラム

Download :  English Program

 

■開催概要

日程  ・1日目:2013年12月13日(金) 10:00~17:30
 ・2日目:2013年12月14日(土) 10:00~18:15
会場 TFTビル 東館9階
(〒135-8071 東京都江東区有明3-6-11)
 会場アクセスはこちら
参加費
 ・無料 (懇親会費4,000円 / 希望者のみ)
主催
 ・環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)
 ・一般財団法人持続性推進機構(IPSuS)
後援
 ・環境省
 ・ProSPER.Net(アジア太平洋環境大学院ネットワーク)

※ご案内チラシはこちらから[PDF:1.8MB]
http://www.eco-lead.jp/pdf/taikai2013.pdf

taikai2013_01

 参加申込
↑クリックで「参加申込フォーム」が開きます。

■プログラム(予定)

1日目:12月13日(金)10:00~17:30

10:00-12:00
基調講演
(904会議室)
行政における環境人材育成の取組及び今後の施策についての講演
10:00-10:10 開会
10:10-10:50
講演1
「環境省における環境教育の取組について」
上田 康治 氏 (環境省総合環境政策局総務課長)
10:50-11:30
講演2
里見 朋香 氏
(文部科学省高等教育局大学振興課長)
11:30-12:00
EcoLeaD事業紹介
『環境人材育成推進に向けてのEcoLeaDの取組』
西村 美紀子(環境人材育成コンソーシアム事務局長)
12:00-13:00
~ 休憩 ~
13:00-17:30
事例・研究発表
(901・902会議室)
大学、企業、NGO/NPO、行政等からの環境人材育成・ESDに関する取組発表とパネルディスカッション。
13:00~15:00 セッションA(902会議室)及びセッションB(901会議室)
15:00~15:15 休憩
15:15~17:15 セッションC(902会議室)及びセッションD(901会議室)
18:00-19:00
懇親会
※希望者のみ
・会費:4,000円
・会場:ホテルサンルート有明 2F 「創菜 Patio」
    〒135-0063 東京都江東区有明3−6−6 ホテルサンルート有明 2F

2日目:12月14日(土)10:00~18:15

 10:00-12:45
国際シンポジウム
第1部
(904会議室)
(同時通訳付き)
21世紀の環境制約を踏まえて成長と保全のバランスを取ることのできる環境人材の要件と、海外招聘者による先進的環境人材育成の実践をテーマとした基調講演に続き、パネルディスカッションを行う。
10:00-11:00
基調講演1
「地球の持続可能性と地域の持続可能性 / Global Sustainability and Local Sustainability」
安井 至 氏
(独立行政法人製品評価技術基盤機構理事長、東京大学名誉教授、国際連合大学名誉副学、EcoLeaD代表幹事)
11:00-12:00
基調講演2
A Better World by Design – Educating Technically-Grounded leaders and innovators for the 21st Century
チョン・トウ・チョン 氏 (シンガポール科技設計大学学長学長)
12:00-12:45 パネルディスカッション

パネリスト: 安井 至 氏、チョン・トウ・チョン 氏、竹本 和彦 氏(国際連合大学高等研究所プログラム・ディレクター)

12:45-13:45 ~ 休憩 ~
13:45-15:45
 国際シンポジウム
第2部
(904会議室)
(同時通訳付き)

アジア・太平洋地域の大学における環境人材育成取組事例の発表とパネルディスカッション。

座長:味埜   氏  (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)
「Shaping ‘Sustainability’ Leaders」
 アウレア・クリスティン・タナカ 氏

 (国際連合大学高等研究所ESDプログラムリサーチアソシエイト)
「Leading Change for Environmental Leadership and Beyond: Sharing the Experiences of AKEPT and USM」
 ザイナル・アビディン・サヌシ 氏
  (マレーシア高等教育省高等教育リーダーシップアカデミー副所長)
「Leading for sustainability in higher education: Exemplars from Australian contexts」
・スー・エリオット 氏
 (ニューイングランド大学教育学部教授、オーストラリア環境教育学会副会長)

16:00-18:00
事例・研究発表
(901・902会議室)

大学、企業、NGO/NPO、行政等からの環境人材育成・ESDに関する取組発表とパネルディスカッション。

18:00-18:15   閉会
<速報>事例・研究発表 「発表者」、「発表タイトル」の確定! (※順不同)

【大学発表】
「アジア都市の低炭素化への戦略と環境人材育成」
  松下 和夫 氏 (京都大学名誉教授)
「持続可能な地域に向けて~信州大学の社会起業家育成の取組み」
  樋口 一清 氏 (信州大学名誉教授、法政大学大学院政策創造研究科教授)
「大正大学・豊島区連携による低炭素教育の実践」
  高橋 正弘 氏 (大正大学人間学研究科社会福祉学専攻准教授)
「京都大学EML(環境マネジメントリーダー)プログラムの成果と今後の展開」
  藤枝 絢子 氏(京都大学地球環境学堂助教)
「ネパールにおける環境問題解決型学習の教育的意義:九州大学「東アジア環境プロジェクト演習」」
  中村 寛樹 氏 (九州大学東アジア環境研究機構学術研究員)
「日中韓学生交流環境フォーラム」
  吉川 成美 氏(科学技術推進機構アソシエートフェロー)
「ESDプログラムからの学び」
  武中 桂 氏 (神戸女学院大学特任助教)
「世界一の環境先進大学」の三重大学ブランドの持続発展(ESD)教育」
  朴 恵淑 氏(三重大学人文学部理事・副学長)
「ICU環境研究のダイナミズム    学びからアクションへ  アクティブラーニングの実践」
  布柴 達男 氏(国際基督教大学教養学部教授)
「高大連携における地域協働教育プログラム」
 石筒 覚 氏 (高知大学総合科学系地域協働教育学部門准教授)
「武蔵野大学環境学部の人材育成」
  一方井 誠治 氏(武蔵野大学環境学部環境学科教授)
「“Day-seeプログラム ラオスODOPプロジェクト”」
  妹尾 めぐみ 氏(多摩美術大学テキスタイル研究室助手)
「環境人材育成の新展開:実践型科目の推進と国際化」
  佐藤 圭輔 氏(立命館大学理工学部講師)
「大阪府立大学における環境人材育成の取り組み-受講生の感想から見た今後の展望-
  北田 博昭 氏(大阪府立大学総務部総合戦略課参与)
「サステイナビリティ学教育の展望:茨城大学の挑戦」
  田村 誠 氏(茨城大学地球変動適応科学研究機関准教授)
「信州大学若里キャンパスにおける環境人材育成への取組み」
  並木 光行 氏(信州大学工学部教授)
「金沢大学におけるESD推進に向けた取組」
  鈴木 克徳 氏(金沢大学環境保全センターセンター長・教授)
「水俣に学ぶ:ASEAN学生とのフィールドワーク」
  行木 美弥 氏(慶應義塾大学環境情報学部准教授)
「エコ・リーグでの国際環境リーダーの育成事例」
  北橋 みどり 氏(エコ・リーグ国際チーム)
「環境リーダー育成 民間企業との連携と将来的可能性
  小林 正典 氏(横浜国立大学大学院環境情報研究院特任准教授)
「環境リーダープログラムの新たな展開:たおやかな平和社会共生プログラム」
   金子 慎治 氏(広島大学大学院国際協力研究科 教授)

【企業発表】
「持続可能な社会・環境・地域のために行動できる“人づくり”― 伊藤園を例として」
  笹谷 秀光 氏(株式会社伊藤園取締役CSR推進部長)

「大丸有(だいまるゆう)地区における環境共生型まちづくり」
  村上 孝憲 氏 (三菱地所株式会社都市計画事業室副室長)
「サンデンフォレスト・赤城事業所における環境教育の実践」
  斉藤 好弘 氏 (サンデン株式会社環境推進本部主席)

※その他4名の学生発表を予定

事例・研究発表 (テーマ例)

以下は事例発表のテーマ例でございます。発表申込を検討されている方はご参照ください。お申込みの発表内容に応じて、各発表セッションに割り振らせていただきます。

  1.   アジアの持続可能な発展を担う環境人材育成に向けた日本の取組事例
  2.  海外と日本の大学間での共同フィールドワークやインターンシップ事例
  3.  学士力の1つとしての「環境基礎力」養成のための教育実践例
  4.  アクティブラーニングを取り入れた国内外のESD実践例
  5.  ICTなど新たな教育ツールや手法を用いた教育実践例
  6.  企業価値を高める環境経営を推進する人材育成事例
  7.  企業における社員向け環境教育の実践状況
  8.  社会人を対象とした環境人材育成の現状
  9.  産-学-民協働の環境人材育成取組事例
  10. 環境人材育成プログラム在籍中の大学院生による研究発表
申込み方法

発表者と参加者では、お申込みの手順が異なります。以下に従ってお申し込みをお願いいたします。

発表者(事例・研究発表)※申し 参加者(発表無し)
●発表希望者の方は「発表申込フォーム」にご記入ください。
発表申込
↑クリックで「発表申込フォーム」が開きます。

● 申込期限:2013年12月2日(月)18:00

●参加希望の方は「参加申込フォーム」にご記入ください。
参加申込
↑クリックで「参加申込フォーム」が開きます。

● 申込期限:2013年12月11日(水)18:00
※当日会場での受付も可
(混雑する場合があるため、事前申込にご協力ください。)

●発表者はA4判4ページ以内で発表要旨をご提出ください。
発表申込
↑クリックでWordファイル(約40KB)iconが開きます
  
   ● 提出期限:2013年12月2日(月)18:00

●発表者はパワーポイントで発表資料をご提出ください。
資料提出
発表資料の定型はございません。
各自発表用のパワーポイントをご準備ください。

● 提出期限:2013年12月6日(金)18:00

「発表資料」のご提出は下記宛にメールでご送付ください。
発表資料のファイル形式は「ppt またはpptx」としてください。

■発表方法について

 1  発表1件あたりの持ち時間は20分(発表時間15分、質疑応答5分)といたします。          
 2  各発表セッションは、4名の事例発表(20分×4名、80分)及び発表者によるパネルディスカッション(40分)の計120分で構成予定です。
(但し、上記は発表申込件数に応じて変更の可能性がございます。予めご了承ください。)
※発表申込は締め切りました。

■お問い合わせ
【環境人材育成コンソーシアム事務局】
担当:松永、山田
T E L :03-6418-0375
E-mail: info■eco-lead.jp (※■は@に置き換えてください。)

 

関連イベントのご案内

前日の12月12日(木)には、エコプロダクツ2013において特別セミナー(環境省・EcoLeaD主催)を開催予定です。 本セミナーは、企業の環境担当者等を対象に、環境経営の推進に必要な要素や「環境人材」の人材像、 企業が抱える環境経営の課題等をテーマとして、講演及びパネルディスカッションを行います。

本研究交流大会の会場付近ですので、ぜひあわせてご参加ください

環境省・EcoLeaD主催「エコプロダクツ2013セミナー」の詳細はこちら