EcoLeaDのミッション

環境人材の育成がなぜ必要なのか?

近年、人類は持続可能性をめぐるさまざまな問題に直面しており、それらへの対応が喫緊の課題となっています。また、昨今の世界的な経済危機の中、いわゆる「グリーン・ニューディール」、「グリーンジョブ」など、「環境保全により経済社会の活性化を目指す政策」を通じて国家の経済・社会構造を変革していくことが求められています。 持続可能な社会づくりを進めていくためには、経済社会のグリーン化を担う人材、「環境人材」を育成することが必要不可欠です。

環境人材育成コンソーシアムとは?

環境人材育成コンソーシアムとは、産学官民すべてのステークホルダーが参加し、環境人材の育成に係る情報の交換・発信や人材の交流を行うことができる、実践的なプラットフォームです。 環境人材育成コンソーシアムでは、個別に実施されている大学教育、企業活動等を繋げて、産学官民すべてのステークホルダーの協働による、「環境人材」の育成を目指します。 環境人材育成コンソーシアムの構成主体は、大学、企業、行政、NGO、国際機関などです。

photo01

産学官民連携により育成される「環境人材」とは?

photo02

T字型環境人材活躍の場

経済社会のグリーン化を推進していくためにも、行政、企業、市民社会等あらゆる場において、自らの専門分野に環境の視点を内在化させたT字型環境人材が求められています。

photo04

環境人材育成コンソーシアムのイメージ

環境人材育成コンソーシアムとは、産学官民すべてのステークホルダーが参加し、環境人材の育成に係る情報の交換・発信や人材の交流を行うことができる、実践的なプラットフォームです。  環境人材育成コンソーシアムでは、個別に実施されている大学教育、企業活動等を繋げて、産学官民すべてのステークホルダーの協働による、「環境人材」の育成を目指します。 環境人材育成コンソーシアムの構成主体は、大学、企業、行政、NGO、国際機関などです。

photo05