早稲田大学

早稲田大学文部科学省戦略的環境リーダー育成拠点形成 こちらから

早稲田大学タイトル
修士・博士課程   早稲田大学タイトル2

グローバル化する環境問題(特にものづくりや資源・エネルギー循環に関わる技術面、制度面や地域での対応の課題)と企業活動の課題を国際的な産学官の連携で解決に導く環境リーダーを育成する。

本提案の環境リーダーは主に対象とする途上国との間で、語学・文化においても、学問領域統合アプローチで技術面・制度面からもデュアルに対応可能な人材を定義しており、修士課程カリキュラムにおいては語学面の強化、学問領域統合型対応、現場・現実・現物主義の対応を旨としており、地域の問題をふまえた演習や企業等との共同研究における実践的教育(OJT)などに特色がある。また、博士後期課程は留学生と日本人学生が共同研究を行う点に特色があり、ジョイント・ディグリーなどの複数もしくは複合の学位授与を行うほか、卒業生が継続的に共同研究を行うための制度を導入する。

早稲田大学1

早稲田大学2
図:早稲田大学「デュアル対応国際環境リーダー育成」