Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

福岡工業大学大学院 社会環境学研究科 社会環境学専攻

更新日 2012-04-18

基本理念・教育目標
 
社会環境学専攻
 
経済経営・法政策の知識を持つ、環境解決の実務応用能力を備えたハイレベルな職業人を育成
 
教育研究内容
持続可能な社会の実現に向けて、経済経営、法・政策を中心に高度な専門知識を修得し、実際事例の調査研究を通して最適な解決策を見出していく社会技術の応用的実務能力(協働・コミュニケーション・合意形成)を兼ね備えた高度職業人の養成にあたります。
 
アドミッションポリシー
環境問題は多面的で複雑であり、その解明、解決策の模索には、多方面からの接近が必要です。社会環境学研究科では、環境問題を総合的に理解し、その解決方法を立案・実践できる理論的・実務的能力をもった人材の育成が目指されています。
 

  1. 学部レベルよりもさらに広く深く勉強したいという人
  2. 母国に帰って、あるいは外国で活動したいと考えている留学生
  3. 社会で活動しているなかで一層の能力向上を図ろうという人など、多様な人々を受け入れることができる選抜方法・教育体制をとっています。 即ち、日本の大学卒業者を対象とする一般選抜に加えて、外国の大学卒業者を対象とする外国人留学生選抜、職業経験等の社会経験を有する人々を対象とする社 会人選抜の制度があり、社会人学生には、通常の修士論文に代えて課題研究を選択するコースが準備されています。 本研究科で学ぶには、環境問題を学ぶための基礎学力を有し、それをより一層深く勉強しようとする意欲をもっていることが必要です。 多くの人の入・進学を期待しています。
 
担当教員及び研究テーマ
アジアの環境問題と日本の環境協力に関する研究
担当教員 研究テーマ
教授 阿部 晶 環境政策の社会による受容条件等についての研究
教授 大河原 良夫 公法、医療(生命倫理)環境と法についての研究
教授 農学博士 小川 滋 流域循環型社会の創成に関する実践的研究
教授 経済学博士 加来 祥男 企業の経営的諸問題における環境との関連に関する研究
教授 学術博士 坂井 宏光 持続可能な社会を構築するための環境教育の方法論に関する研究
教授 高多 理吉 アジアの環境問題と日本の環境協力に関する研究
教授 西村 重雄 環境問題についての民法的視点からの事例研究
教授 野上 健治 持続可能な経済社会における政策的研究
教授 博士(経営学) 李 文忠 会計監査制度の比較研究
准教授 博士(法学) 川原 勝美 企業の社会的責任に関する研究
准教授 博士(商学) 鄭 雨宗 国際経済と地球温暖化問題の国際協調枠組みに関する研究
准教授 博士(文学) 徳永 光展 日本近代文学
准教授 博士(文学) 中川 智治 海洋環境保護についての国際法上の諸制度に関する研究
助教 博士(経済学) 岩田 裕樹 企業活動と環境問題についての経済・経営学からの分析
助教 博士(文学) 長田 久美子 生活環境創造における文化の役割に関する研究
 
■この情報の掲載元
http://www.grd.fit.ac.jp/senkou/syakai/kankyo/index
 
 
教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
本研究科では、環境にかかわる種々の問題に主として社会科学、人文科学の領域から接近します。即ち、企業や社会全体の仕組みを理解し、環境調和型の社会構 築に貢献できる能力の育成が目指されています。具体的には、学部教育をふまえて、それをより深く学ぶことによって高度な専門性をもつ職業を担う能力を培う ことが目標とされています。
 
■この情報の掲載元
http://www.grd.fit.ac.jp/senkou/syakai/kankyo/curriculum_policy
 
 
修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)
社会環境学研究科に学んだ人には、環境問題に関する理論的学識と問題解決のための方策立案能力を身につけていることが求められます。そのために、講義 や演習において広い視野から問題を捉え、分析していく能力を修得することが必要です。本研究科における教育課程を修了した人には修士(社会環境学)の学位 が授与されます。
 
■この情報の掲載元
http://www.grd.fit.ac.jp/senkou/syakai/kankyo/diploma_policy
 
 
カリキュラム
 
社会環境学専攻

社会環境学専攻
区分 授業科目 授  業
を行う
年  次
単位又は時間数
必修 選択
基礎科目 社会環境学特論
1
4
4
英語コミュニケーションスキル特論
1
2
2
日本語コミュニケーションスキル特論
1
2
2
専門科目 環境経済学特論
1
2
2
環境経済政策特論
1
2
2
環境ガバナンス特論
1
2
2
アジア環境協力特論
1
2
2
現代中国企業論特論
2
2
2
比較企業システム特論
1
2
2
比較監査制度特論
2
2
2
環境会計特論
1
2
2
環境保全学特論
1
2
2
環境法特論
1
2
2
契約法特論
1
2
2
企業法特論
1
2
2
国際法特論
1
2
2
環境政策特論
1
2
2
環境教育特論
1
2
2
文化環境論特論
2
2
2
環境社会学特論
2
2
2
日本文化特論
1
2
2
事例研究 I (企業経営と社会的責任)
1
2
2
事例研究 II (企業経営と国際性)
2
2
2
事例研究 III (損害賠償を巡る法的検討)
1
2
2
事例研究 IV (地域経営を巡る行政と住民)
2
2
2
社会環境特別演習
1~2
8
8
 
 
■この情報の掲載元
http://www.grd.fit.ac.jp/senkou/syakai/kankyo/curriculum