Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

広島国際大学大学院 工学研究科 建築・環境学専攻

更新日 2012-04-18

建築・環境学専攻
 
建築・環境学専攻の特徴

身近な住環境や建築、地域環境、環境保全、防災の推進に関する学問・技術を身に付け、人々が地域で安心して暮らせるまちづくりを支援することができる専門的建築・環境技術職者を社会は求めている。
本専攻では「建築と環境を共生不可避なものとして認識し創造する」優れた人材を社会に送り出すため、

1.建築・地域・環境・住居・福祉・構造・防災等の領域の活躍できる専門家
2.まちづくりや地域環境・福祉領域において他分野との連携をコーディネートする専門家
3.まちづくりや地域環境・福祉領域のNPO等を担う専門家
4.研究機関で活躍する研究者

を育成する。
  
 建築・環境学専攻/教育・研究の特色

教育課程は、
●建築・環境の役割と本質の理解
●建築や住居、地域の福祉施設、地域環境の果たすべき役割の理解
●建築・環境をとりまく最先端研究・課題の把握
●建築・環境に関する諸問題の解決のための知識・技術の習得
●深い研究的思考と豊かな想像力に基づく想像力の涵養

を基本的な考え方として編成されている。
  
基礎科目

建築・環境学の先端技術を理解するために必要となる専門基礎知識を習得する。
  
専修科目

建築・環境学に関する高度な専門知識を習得する。
建築や年の設計・形成の方法や具体的な空間づくりの手法、住環境と住まい・まちづくりに関する課題を解決するための手法、エネルギー消費や快適空間を実現するための居住環境設計・技術、大地震時においても安全であるように設計を行うための構造解析・設計技術などに関する授業科目で構成されている。
  
応用科目

建築計画・地域計画、建築歴史・意匠、居住環境、建築構造の各分野における最先端研究・課題を把握する。
  
特別研究

研究を通して、テーマの発見・設定法、研究手法、研究論文のまとめ方、発表技術や理論能力を習得する。
  
建築・環境学専攻の履修モデル
 

  
修了後の進路
●総合建設業、住宅産業(ハウスメーカー等)の設計、施工、営業、研究開発部門
●建築・住宅の設計事務所、設備設計事務所、構造設計事務所
●地方自治体等の住宅、建築、環境、設備部門
●住宅・住環境・福祉活動のNPOやボランティア活動のコーディネーター
●医療施設、福祉・介護施設などの設計・管理・サービス部門
 
■この情報の掲載元
http://www.hirokoku-u.ac.jp/graduate_school/engineering/architecture/index.html
  
 
建築・環境学専攻 – カリキュラム(2010年度)
  
修士課程
 
特別研究
●建築・環境学特別研究(必修科目)
  
基礎科目
●建築・環境学概論(必修科目)
 
専修科目(選択科目)
●建築・都市設計特論
●空間設計・形成特論
●福祉医療環境学特論I
●福祉医療環境学特論II
●地域保全計画特論
●建築形成史特論I
●建築形成史特論II
●地域施設計画特論
●住環境計画特論
●環境マネジメント特論
●建築環境学特論I
●建築環境学特論II
●居住環境学特論I
●居住環境学特論II
●建築構造特論I
●建築構造特論II
●構造力学特論
●構造計画特論
●構造材料特論
  
(必修科目)
●建築・環境学実習・実験I
●建築・環境学実習・実験II
 
特別講義(選択科目)
●建築・環境学特別講義I
●建築・環境学特別講義II
●建築・環境学特別講義III
●建築・環境学特別講義IV
 
■この情報の掲載元
http://www.hirokoku-u.ac.jp/graduate_school/engineering/architecture/curriculum.html