Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

兵庫県立大学大学院 緑環境景観マネジメント研究科(専門職)

更新日 2011-05-25

研究科概要

設置の趣旨

兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科(専門職)の設置趣旨は、「都市や地域の緑地環境に関する具体的な理論と技術力をもって、人と自然の共生するまちづくり・地域づくりを市民とともに実現してゆく高度専門職業人」を育成することにある。

研究科の概要

 ・課   程 : 専門職学位(2年)
 ・学   位 : 緑環境景観マネジメント修士(専門職)
: Master of Landscape Design and Management
 ・入学定員 : 20名
 ・開設時期 : 平成21年4月
 ・施   設 : 兵庫県立淡路景観園芸学校の既存施設を活用
 (本研究科は兵庫県立淡路景観園芸学校景観園芸専門課程の発展型です)  

育成をめざす人材像

 20100320-171203-6492

想定される職域

 ア) 指定管理者などとして緑環境の総合管理運営業務を展開する企業・団体の現場責任者
 イ) 緑環境のモニタリング、創出、維持保全プロジェクトを行う企業・団体等の現場責任者
 ウ) 緑環境に関するプラニング、デザインの検討・提案を行う企業・団体等のプロジェクト責任者
 エ) 緑環境を環境ビジネスに展開していく企業・団体等のプロジェクト責任者
 オ) 緑環境に関する政策を企画立案し、それを市民と協働で実現していくための施策を展開していく国や自治体のパブリック・リーダー

 
■この情報の掲載元
http://www.awaji.ac.jp/gs-ldh/outline/index.html
 
 
研究科の教育領域
 
教育課程の特徴
 
共通領域と3つの専門領域

 緑環境景観マネジメントの全体を俯瞰する「共通領域」を配置するとともに、緑環境景観マネジメント技術者として基本となる理論と技術を身につけるため、3つの専門領域として「保全管理領域」「活用デザイン領域」「施策マネジメント領域」を柱に教育課程を編成する。

20100310-134846-4642
 
教育方法の特色

◇実務家教員と研究者教員の協働による教育により、総合的な知識・スキルを有し、職務に対する高い使命感と倫理性、地域の多様な人材で構成される組織の中でも力を発揮できる能力を養います。
◇兵庫県県土整備部所管の淡路景観園芸学校を教育の場として利用することにより、県土の環境づくり政策に実務として関わる行政部局と直接連携し、県政上の課題を実際に課題となっているフィールドを活用しながら、実質的で実践的な教育を行います。

20100310-141040-2699

保全管理領域

保全管理領域(緑環境と人間活動との関係を分析し、管理手法を考案、適用できる保全管理の専門家)

活用デザイン領域

活用デザイン領域(デザインを考案し、その活用プランを策定できる活用の専門家)

施策マネジメント領域

施策マネジメント領域(政策を立案し、その実施のための施策を市民と協働で展開する専門家)
 
■この情報の掲載元
http://www.awaji.ac.jp/gs-ldh/curriculm/index.html