Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 環境工学専攻

更新日 2013-04-24

環境工学専攻


環境問題は、人間が英知を結集して解決すべき緊急の課題です。身の回りの生活環境問題から地球規模の環境問題まで、現代の複合化された環境問題を解決し、より豊かな環境を創造するためには、広い視野に立った的確な問題の把握と適切な対応が不可欠です。
環境工学専攻では、「機械システム工学科」「建築デザイン学科」に関わる専門分野を統合・集約し、それぞれの学問分野での研究・教育の蓄積を積極的に活かしながら、従来の専門分野の枠組みを超えた柔軟な教育を行います。

博士前期課程(修士) 定員40名

博士後期課程 定員10名



■この情報の掲載元
http://www.kitakyu-u.ac.jp/env/subject/department.html


機械システムコース 概要


機械システムコースは、環境工学専攻の中の一つのコースで、環境負荷低減やエネルギーの有効利用、省エネルギーなどの環境技術に貢献でき、かつ機械工学に関する高度の専門的能力を有する人材の育成を目標として教育研究活動を展開しています。また、環境負荷の低減と経済発展の両立を“継続可能な開発(Sustainable Development)”と捉える視点及び地球規模で環境改善を深慮する視点を持つことのできる人材育成を目指します。物質の創製とリサイクル、国際環境、人間社会の環境情報を取り入れた環境負荷低減に向けた新しい概念と技術を追求します。加えて、材料・機械生産、建設等の分野において、環境、品質、安全性・信頼性を考慮した設計生産法、加工法、さらに同様の理念のもとに最適化された生産技術に関する研究・教育を行います。
養成する人材像としては、ものを作るという分担をグローバル最適化の視点からとらえ、要素技術のみにこだわることのない、広い視野を持つ技術者が考えられます。様々な生産現場では、現在でも環境への対応を求められており、常に最新の情報・知識を学ぶことができ、社会人学生に対しても再教育の場を提供します。

教育と研究内容


博士前期課程(修士課程)


●2年間の前半は、国際関係や環境関係の共通科目と機械工学に関する専門科目などの講義やゼミを中心に教育を行います。これらの履修により、国際社会や環境問題に対して理解を深めるとともに、機械工学の諸分野に関する学識を高めます。

●博士前期課程の後半では、これらの知識を応用して実際の研究テーマに取り組みます。学生一人ひとりが指導教員の指導のもとに研究テーマを設定し、最新の設備や装置を使って研究を行い、修士論文を完成させます。

●このような課程を通して、環境と調和したエネルギーシステムの構築や、環境改善、低環境負荷などの観点から新しい機械技術開発などに貢献できる技術者を育成します。

博士後期課程


●博士前期課程を終了後さらに高度の学問を目指す学生は博士課程後期に進学し、博士の学位に挑戦します。
●博士後期課程の講義は専門のみで、修了者はそれぞれの個性と事情に応じて大学や企業、研究所などにおいて自立して研究開発などに従事できる能力を有します。

研究テーマ一覧



■この情報の掲載元
http://www.kitakyu-u.ac.jp/env/subject/g-env-eng-mechanical/index.html


建築デザインコース 概要


北九州学術研究都市を基点に高度な建築専門技術者の養成

省資源・低環境負荷を目的とした建築・地域システムの創造と保全が重要になっています。本コースでは、環境に配慮した建築・都市施設および種々の空間のためのデザインや技術について追求するため、空間デザイン(音・光環境デザイン、居住環境デザイン、環境共生地域デザイン、建築・都市デザイン)、構造・施工(建築耐震構造、建築構造解析、建築施工)、建築環境エネルギー(環境設備、熱環境工学、地域エネルギー、環境性能評価)、材料デザイン(エコマテリアル、耐久設計、世代間建築デザイン、建築材料)に関する高度な研究・教育を行います。また、英国・クランフィールド大学北九州研究所と連携した研究・教育を行います。

教育の特徴


豊富な専門科目と修士論文のための特別研究科目に加え、より実践的な課題演習科目「建築デザインプログラム」・「建築エンジニアリングプラクティス」などにより、デザインセンスと技術力の向上を目的としたカリキュラムを提供します。さらに、地域と連携した研究や関連する他分野の学習により、技術のわかるデザイナー、デザインのわかる技術者の養成を目指します。

建築デザインが目指すこと


●フロー型経済社会からストック型経済社会への転換システム
●建築物の資源循環、LCA的手法、ライフサイクル設計の具現化
●安全で快適な生活空間の創成
●地域社会のイノベーションと循環型都市の実現
●グローバリゼーションとアジアの都市循環アセスメント
●サステナブル建築・都市空間の探究

研究室の長期的な研究テーマ



■この情報の掲載元
http://www.kitakyu-u.ac.jp/env/subject/g-env-eng-design/index.html