Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

滋賀大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 環境教育専修

更新日 2012-04-17

■環境教育専修
 
現代の学校教育や社会教育において、「環境教育」は緊急かつ重要な課題です。本専修では、地球環境問題はもとより、命の湖である琵琶湖を中心とした水環境 や地域環境について研究するとともに、環境教育のカリキュラムや教材を開発する能力を養います。また、環境教育の理論や方法、環境倫理や環境保全に関する 高度な研究能力を身につけ、これからの時代における環境教育を担う実践力のある人材を養成します。具体的には以下のような目標が挙げられます。
 

  1. 環境教育の指導者として必要な教育実践・研究能力の向上を図ります。
  2. 学校教育・生涯学習における環境教育の内容・方法の理論と実践に関する専門的知識を修得し、カリキュラムや教材の開発、地域環境教育に関する学習プログラムを設計できる力量をもった指導者の養成をめざします。
 
最近の修士論文題目
「ゴミマップを利用した環境学習-環びわ湖ゴミマップの構想-」
「滋賀県・田上地域の水環境の保全を目指した環境学習プログラムの開発」
「わが国明治期における『公害』意識の台頭と戦後経済成長期以降の環境教育のあり方」
「砂漠化を素材とした中国・内モンゴルの中学生向け環境教育プログラムの提案」
「日本のディープ・エコロジー-前田俊彦の環境思想-」
「滋賀県の小中学校における環境教育の課題追求と学習指導案のデータベース化」
 
 
■免許
各校種の一種免許状を有する人は特定の単位を修得することにより専修免許状を取得できます
 
■この情報の掲載元
http://www.edu.shiga-u.ac.jp/postgrad/kankyou.html