Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

滋賀県立大学大学院 環境科学研究科 環境動態学専攻/環境計画学専攻

更新日 2011-05-25

 滋賀県立大学では、さらに学を深めたい、もっと高度な研究に取り組みたいという声に応えるために、大学院博士前期課程及び博士後期課程を設置しています。研究科の構成としては、自然環境の保全を目指した研究を進める「環境科学研究科」、自然環境との調和を考えた工学を目指し、高度な学術研究を推進する「工学研究科」、伝統文化の再生や新たな文化と生活環境の創造を目指す「人間文化学研究科」の3研究科で構成されています。
 また、3つの研究科博士前期課程の全専攻に「近江環人地域再生学座」を新設しました。3研究科のいずれかに籍を置きながら、修士とともに「近江環人」の称号が得られるAコース、社会人で「近江環人」の称号が得られるBコースの2コースがあります。

大学院 環境科学研究科
(博士前期課程)
(博士後期課程)
環境動態学専攻
環境計画学専攻
工学研究科
(博士前期課程)
(博士後期課程)
材料科学専攻
機械システム工学専攻
人間文化学研究科
(博士前期課程)
(博士後期課程)
地域文化学専攻
生活文化学専攻
人間看護学研究科 人間看護学専攻
  近江環人地域再生学座
 

 
■この情報の掲載元
http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/gakubu/index.html
 
 
環境科学研究科(博士前期課程)
 
研究科の構成
 環境問題は近年、複雑化、多様化の度合いを強めており、人類社会の将来が懸念されている。この懸念から、人類の持続的生存と発展を可能にする環境と調和した社会の創造と、それを支える環境科学の進歩、並びにそれらを担う専門家の育成が強く求められている。滋賀県立大学大学院環境科学研究科は、この社会要請に応えるため、平成7年に発足した滋賀県立大学環境科学部を基礎に、ユニークな教育・研究システムにより環境科学についての高度で学際的な教育・研究をすすめる大学院研究科であり、平成11年4月に発足した。
 本研究科では、環境についての総合的理解の上に、自然環境管理と環境計画にかかわる各専門領域について高度な専門的知識と技術を備えた研究者と職業人の育成にあたるとともに、学術研究の推進を図る。関連専門領域についての重点的な教育・研究を実現するため、本研究科は環境動態学専攻と環境計画学専攻の2専攻で構成する。
 
■環境動態学専攻
 本専攻は、自然生態系と農林生態系について、人間活動や気候など環境の変化に対する生態系の動態(生態系と自然環境の構造、量、速度とそれら相互関係の変化)を解明し、自然環境の保全と管理の方策について教育研究を進める。専門分野に対応する教育課程は、大気・水環境領域と土壌環境領域からなる生物圏環境コース、陸域生態系領域と水域生態系領域からなる生態系保全コース、生物生産領域からなる生物生産コースの3つのコースで構成する。
 生物圏環境コースは、生物圏の構成要素としての大気、水、土壌について、地球環境、地域環境との関連において、その動態を究明するとともに、生物の生存と分布を支配する要因としての環境諸特性を研究し、生態系保全及び生物生産の基礎条件を解明するとともに、持続可能な生物圏環境の創出をめざす。大気・水圏、水資源・水環境、土壌・植物系の3つの研究領域で構成する。
 生態系保全コースは、湖沼、海洋など水圏生態系、田畑、森林などの陸圏生態系、陸-河川-湖沼を通じての集水域生態系について、人間活動に対する生物構成や相互関係、物質循環の変化など生態系の動態を解明するとともに、生態系保全に必要な生態系管理と環境影響評価の方策の確立をめざす。水圏生態系動態、陸圏生態系動態、集水域環境動態の3つの研究領域で構成する。
 生物生産コースは、農林生態系における動植物資源の生産において、環境への負荷の最小化を図りながら、高い生物生産性を維持しうる諸条件の究明を図るとともに、持続的な生物資源生産を可能にする高度の技術と方法論確立をめざす。植物遺伝資源、植物資源管理、動物資源管理、生産環境管理の4つの研究領域で構成する。
研究領域の研究内容と担当教員
1. 生物圏環境コース 2. 生態系保全コース
3. 生物生産コース  
 
環境計画学専攻
 本専攻は、自然環境とバランスがとれた人間社会の持続的発展を可能にする地域社会の包括的デザインと、その実現のための方法論について、環境動態学専攻との密接な連携のもとに教育・研究をすすめる。専門分野に対応する教育課程は、造形と計画領域からなる環境意匠コースと、地域環境システム領域と環境経済領域、環境政策領域からなる地域環境経営コースの2つのコースで構成する。
 環境意匠コースは、地域の人間居住空間における歴史や景観、自然環境と調和しうる建築デザインと、それらの評価に関する教育・研究をすすめ、環境とのバランスのとれた社会の創造に向け、総合的方法論の確立をめざす。建築設計、生活空間意匠、ランドスケープ、居住空間、地域空間、安全防災の6つの研究領域で構成する。
 地域環境経営コースは、持続的な資源利用と地域経営、環境保全を可能にする地域社会のあり方を探るとともに、それを実現するための地域環境計画とその運用について教育・研究を行う。研究内容の将来の展望を重視し、環境システム、地域経済、環境政策の3つの研究領域の緩やかな結合のなかで、課題研究を進める。
研究領域の研究内容と担当教員
1. 環境意匠コース 2. 地域環境経営コース
 
教育研究の特色
 本研究科は、自然環境と調和した人間社会の建設に必要とされる高度な研究者と職業人を育てるため、地域の自然環境と人間社会の有機的連関や動態の総合的理解のうえに、問題解決のための学理と技術について教育・研究を進める。また、環境問題は多様であり、狭い専門領域の学問体系では対応できない。本研究科は、学生の研究課題に即して選任された専攻の主指導教員と、その研究遂行に必要な副指導教員(同一専攻や他専攻、または他研究科の教員や、滋賀県の研究機関の有資格研究員)からなるコミティによる学生指導を行い、多様な環境問題に対応し得る人材を育成する。学生は、入学時に研究領域とともに主指導教員を決め、主指導教員は、副指導教員と連携し学修と演習の指導、並びに修士論文の作成指導を行う。学生の標準修業年限は2年とし、必修(特別演習と特別研究)20単位を含む30単位を修得後、修士論文の審査及び最終試験に合格したものに、修士(環境科学)の学位を与える。

 
■この情報の掲載元
http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/gakubu/in/kankyo_f/index.html