Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

信州大学大学院 理工学系研究科 環境機能工学専攻

更新日 2012-04-17

理工学系研究科(修士課程)
大学院理工学系研究科は、理学部(松本市・松本キャンパス)、工学部(長野市・長野(工学)キャンパス)および繊維学 部(上田市・上田キャンパス)の3学部を基礎として、修士課程(2年)を設置。各学科に対応して大学院理工学系研究科の各専攻があり、学部で培った知識や技術をベースにして、より高度な学術の理論や応用を学びます。
各自が所属する研究室において、自ら理論研究あるいは実験研究を遂行し、学会発表などの研究活動および修士論文の作成を通じて、高度な創造的能力の養成を目指します。
 
修士課程の目的
大学院理工学系研究科は、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者を養成し、教育研究を通じて学術社会の高度化に寄与し、地域社会及び国際社会に貢献することを目的とします。
 
理工学系研究科(工学部を基礎とする修士課程)の構成
 
理工学系研究科(工学部を基礎とする修士課程)の構成図  
環境機能工学専攻
大量生産・大量消費・大量廃棄の現代社会では,人間活動による地球環境や人類文明が破壊されつつあり,エネルギー資源問題による国際的な争端も絶えません。深刻化している地球環境問題やエネルギー問題を解決するために,本専攻は国際的な教育研究を通じて,主に環境材料およびエネルギーなどの関連分野での高度な専門的知識および優れた研究開発能力を持つ技術者・研究者等の人材養成を目指しています。
 
■この情報の掲載元
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/engineering/graduate/technology.html
 
 

 
■この情報の掲載元
http://wwweng.cs.shinshu-u.ac.jp/ENVIRON1/shushoku.html