Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

登録タグ一覧

更新日 2013-04-25

新潟大学大学院 自然科学研究科 環境科学専攻

更新日 2013-04-24

教育研究の目的

(新潟大学大学院自然科学研究科規程 第3条の2)


1 自然科学研究科は理学・工学・農学の分野を含む総合型の区分制大学院として5年一貫の教育を重視し,優れた研究能力と幅広い視野をもった創造性豊かな人材を養成することを目的とする。
2 博士前期課程は,各専攻における教育研究を通じて,専門分野に関する専門的知識及び関連分野の基礎的素養を修得させ,次に掲げる能力を備えた人材を養成することを教育目標とする。
(1) 自然・社会・人類に対する倫理的な判断能力

(2) 基礎理論・技術を理解し,応用する能力

(3) 課題を発見し,解決する能力

(4) 学会発表を含むコミュニケーション能力

(5) 定められた期間で報告する能力
3 前項の教育目標を達成するために,博士前期課程の各専攻は,次の掲げる教育研究を行う。
(1) 数理物質科学専攻は,数学系,物理学系及び化学系の分野で構成し,自然界の基本法則,宇宙,物質の性質や反応機構の解明と新素材・新物質の創製及び数理現象に関する教育研究を行う。

(2) 材料生産システム専攻は,材料系,化学系及び機械系の分野で構成し,先端材料の創製,新機能・高機能性材料の開発,材料評価,生産プロセス及び材料生産のための機械科学に関する教育研究を行う。

(3) 電気情報工学専攻は,高度情報社会,省エネルギー社会,高福祉社会に貢献する情報工学,電気電子工学及び人間支援科学の分野で構成し,情報通信ネットワーク,知能情報科学,高効率エネルギー,電子デバイス,ナノテクノロジー,センシング,医用生体工学及び福祉工学に関する教育研究を行う。

(4) 生命・食料科学専攻は,基礎生命科学,応用生命・食品科学,生物資源科学の分野で構成し,生命原理を解き明かす生物学の基礎から,農学とその関連部門での幅広い応用科学に関する教育研究を行う。

(5) 環境科学専攻は,理学,工学及び農学等の専門領域を有機的に複合した分野で構成し,多面的に地球的規模及び地域社会の環境問題に取り組み,既成の学問領域の枠組みを越えた総合的視点に立った環境科学に関する教育研究を行う。
4 博士後期課程は,専門分野の修得を前提に,各専攻における先端的な教育研究を通じて,関連分野の知見や視点を加えた総合的・学際的な分析能力を修得させ,次に掲げる能力を備えた人材を養成することを教育目標とする。
(1) 自然・社会・人類に対する広い視野をもち,責任を自覚する能力

(2) 問題発見能力と問題解決能力

(3) コミュニケーション能力

(4) 国際会議等における発表能力

(5) 学術雑誌への論文執筆能力
5 前項の教育目標を達成するために,博士後期課程の各専攻は,次に掲げる教育研究を行う。
(1) 数理物質科学専攻は,自然界の基本法則,宇宙,物質の性質や反応機構の解明と新素材・新物質の創製及び数理現象に関する先端的な教育研究を行う。

(2) 材料生産システム専攻は,原子・分子の構造制御による新材料の創製,界面制御による異種材料の複合化,機能性材料の化学的開発,環境調和型生産プロセス,材料評価,生産機械システム及び材料制御等に関する先端的な教育研究を行う。

(3) 電気情報工学専攻は,情報通信ネットワーク,知能情報科学,高効率エネルギー,電子デバイス,ナノテクノロジー,センシング,医用生体工学及び福祉工学に関する先端的な教育研究を行う。

(4) 生命・食料科学専攻は,分子から個体までの生命現象の原理解明を幅広い研究領域から探求しつつ,食料問題の解決や農業関連産業発展のための応用学問分野の構築,基礎と応用の学問分野の有機的連携による生命原理の探求と応用,環境と調和した持続的農業生産の構築等に関する先端的な教育研究を行う。

(5) 環境科学専攻は,地球的規模及び地域社会における環境問題に多面的に取り組み,既成の学問領域の枠組みを越えた学際的視点に立った環境科学に関する先端的な教育研究を行う。

 

■この情報の掲載元
http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~gsweb/general/01.html


研究科の教育・研究


環境科学専攻

日本の代表的な多雪地域で日本海に面する新潟から東北アジア,さらには地球的規模までといった幅広い領域を対象としてその環境と構造を探求し,グローバルな視野で地圏・水圏・生物圏と人間社会との相互関係を理解し,研究の最前線の体験を通して自然環境から都市・農山村環境を創り出せる独創性に富む人材の養成を行ないます。また,外国人と十分意志疎通のできる国際性豊かな人材を育てます。

各コースとその内容


自然システム科学コース

物理学・地球科学・化学・生物学にわたる基礎理学の学習で得られた知識を適用し,グローバルな視点から,環境システムの維持機構を多角的に解明できる人材の育成を行います。この目的の実現のために,超高層大気中における原子分子反応過程や大気・海洋現象の物理学的解析,機能性材料や光エネルギー変換物質の物理化学的特性の理解,環境関連物質の循環機構の解明などの物質やエネルギーの循環機構を理解できる能力を身につけるための教育・研究や,地質の発達過程やそれに伴うさまざまな地球科学的諸現象の理解,生物の遺伝的多様性と環境適応機構の解明などを通して,地圏や生物圏における環境を把握し,理解できる能力を身につけるための教育・研究を行います。

流域環境学コース

流域を人の生活や資源循環の一単位と考え,人間の生存基盤を提供する森林と,人間が働きかけ食料を得る場としての農地・農業を支える,森林科学・農業工学の研究を行って,人と自然の共生を可能にする知識の蓄積と技術の開発を目指します。また,世界的にも希な多雪地域であり,独特の水循環形態と動植物の生息環境が形成されてきた新潟の地にあって,地球温暖化の影響を強く受けると考えられる水・物質循環,農林環境,農業生産活動および生態系の変動について,最先端の研究を行います。森林生態系生物学,森林資源保全・利用学,地域管理工学,農業システム工学,農業環境情報学,水循環変動学および生態系変動学の研究分野で構成されます。

社会基盤・建築学コース

都市と人間および自然環境との持続可能な共生システムの構築を目指し,社会基盤工学・建築学・都市工学に関する基礎的な知識と,豊かな計画・分析・解析力をもった環境創造技術者および建築家を養成します。具体的には,各種災害から都市・建築および人間の安全性を確保するための社会基盤施設・建築構造物の構築技術を始め,快適で安全な居住環境と自然との共生を目指した住宅・建築・都市などの空間の構成・設計計画手法や法制度,河川等の水域環境の物理的挙動・水質の解析・評価技術,および都市の景観形成とその歴史的変遷について評価・計画・活用するための技術,などに関する教育研究を対象としています。

地球科学コース

人類をとりまく重要な環境要素である陸域や海洋底の地層・岩石・鉱物・化石などを対象に,それらのマクロ的・ミクロ的特質を野外地質調査に根ざした地質学的研究手法で探究し,岩圏と生物圏それぞれの性質と相互作用を地球の歴史的視点から解明します。この解明を通じ,鉱物の結晶構造,海洋の形成,大陸の成長,地震活動,火山活動,表層の環境変遷,生物相の移り変わりなど,地殻~上部マントル中に記録された地球システムのダイナミックな変動の性質を理解し,国土の開発,防災,地下資源の探査,地球環境問題への取り組みなどをはじめとする幅広い分野で社会貢献できる人材の育成を目指します。

災害環境科学コース

人の生活基盤である都市から中山間地にかけての雪氷・斜面・洪水・火山土砂・地盤災害などとそれらの複合災害について,履歴解明,発生機構・予測などの基 礎研究をもとに,総合的な防・減災対策の教育・研究を行います。また,近年顕在化する,急速な環境変動・社会変化にともなう災害発現の多種多様な変容への技 術・対策への応用面も学びます。これらの活動を通して,問題の発見、解決、説明の三つの能力を一体的に運用できる人材を養成します。

■この情報の掲載元
http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~gsweb/program/01.html#a5


教育研究の目的

自然科学研究科は理学・工学・農学の分野を含む総合型の区分制大学院として5年一貫の教育を重視し,優れた研究能力と幅広い視野をもった創造性豊かな人材を養成することを目的とします。

博士前期課程は,各専攻における教育研究を通じて,専門分野に関する専門的知識及び関連分野の基礎的素養を修得させ,以下の能力を備えた人材の養成を教育目標とします。
  1. 自然・社会・人類に対する倫理的な判断能力
  2. 問題発見能力と問題解決能力
  3. 課題を発見し,解決する能力
  4. 学会発表を含むコミュニケーション能力
  5. 定められた期間で報告する能力
博士前期課程の各専攻は,次に掲げる教育研究を行います。
  1. 数理物質科学専攻は,数学系,物理学系及び化学系の分野で構成し,自然界の基本法則,宇宙,物質の性質や反応機構の解明と新素材・新物質の創製及び数理現象に関する教育研究を行います。
  2. 材料生産システム専攻は,材料系,化学系及び機械系の分野で構成し,先端材料の創製,新機能・高機能性材料の開発,材料評価,生産プロセス及び材料生産のための機械科学に関する教育研究を行います。
  3. 電気情報工学専攻は,高度情報社会,省エネルギー社会,高福祉社会に貢献する情報工学,電気電子工学及び人間支援科学の分野で構成し,情報通信工学,知能情報科学,高効率エネルギー,電子デバイス,ナノテクノロジー,センシング,医用生体工学及び福祉工学に関する教育研究を行います。
  4. 生命・食料科学専攻は,基礎生命科学,応用生命・食品科学,生物資源科学の分野で構成し,生命原理を解き明かす生物学の基礎から,農学とその関連部門での幅広い応用科学に関する教育研究を行います。
  5. 環境科学専攻は,理学,工学及び農学等の専門領域を有機的に複合した分野で構成し,多面的に地球的規模及び地域社会の環境問題に取り組み,既成の学問領域の枠組みを越えた総合的視点に立った環境科学に関する教育研究を行います。

環境科学専攻 アドミッション・ポリシー

環境科学専攻は,地球規模から北東アジアの一角の日本海や新潟地域,さらに都市や住まいまでを広く研究対象として,エネルギー循環過程のメカニズム,野生生物の多様性,森林科学,農業農村環境工学,農業機械システム学,社会基盤工学,建築学,地球科学,災害科学に関する先端的・学際的で超域的な研究を行うことを目的とします。これにより地球や地圏・水圏・生物圏などの構造を探求する優れた知識,自然環境と人間社会との相互関係についての広い視野や専門知識,および都市・農山村環境を創出する能力を持った技術者,公務員,教員などの人材の養成を行います。また,環境問題の特性から,従来の思考にとらわれない高い課題探求力と問題解決能力,倫理観をもって社会に貢献でき,外国人研究者との専門的知見において十分意志疎通のできる国際性豊かな人材を育てます。そのため,学部教育において本専攻に対応する学問分野を専修した学生に限定せず,広く人文・社会科学を専修した学生も含め,基本的な情報収集,解析および発信の能力をもち,環境にかかわる問題に積極的に関わっていこうとする学生・社会人を受け入れます。これに加えて,後期課程に進学して更なる研究能力を身に付けて先端基礎分野で活躍しようと専門学問分野に深い関心を持つ人材の育成も行います。

1.一 般 選 抜

学部課程で学んだ知識をさらに深め自然科学を生かした専門的職業人を志し,十分な基礎的知識・能力,および高い勉学意欲を有する学生。または,学部課程で学んだ知識を基礎に,新たな知識を学びこれを有効に活用する手法を修得し,自然科学の分野での活躍を目標とする知的好奇心にあふれ強い意志をもつ学生・社会人。

2.外国人留学生特別選抜

一般選抜の事項に加えて,入学希望コースでの学習に支障ない基礎学力(当該コースに対応する学部卒業以上の資格あるいはこれと同等以上の学力)を有し,日本語あるいは英語による必要最小限のコミュニケーションの能力を有する学生・社会人。

3.社会人特別選抜

学部課程で学んだ知識と社会人としてのキャリアーを基礎に,新しい知識を学びこれを積極的に活用する手法を修得し,専門的職業人としてのキャリアーアップや自然科学・技術の新たな分野に進む勉学意欲と自主努力を行う強い意志をもつ社会人。

■この情報の掲載元
http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~gsweb/admission/01.html

同志社大学大学院 工学研究科 数理環境科学専攻

更新日 2013-04-22

数理環境科学専攻


現代社会において、環境問題が最重要課題であることは論を待ちません。本専攻では、ともすれば情緒的になりやすい環境問題に、科学的に、かつ主体的に対処できる人材を育成することを目的としています。その特徴は、「環境科学」を、数理的な手法、地球環境的な視野、生命環境的な視点という3本の柱で考え、さらに、それを工学の中に位置づけて教育し研究している点です。本専攻のテーマである「環境科学」は、従来型の電気工学、機械工学、化学工学等が「縦割り」の発想であるのに対して、横断的な発想に基づいています。結果として、学際性をその特徴としています。
なお、本専攻は学部組織を持たない独立専攻として運営してきましたが、環境システム学科が2007年度に完成年度を迎え、学部大学院の一貫教育体制が完成します。

研究クローズアップ (数理科学)

確率微分方程式 (stochastic differential equations) の数値的安定性の課題に取り組んだ SIAM J. Numer. Anal. 33巻(1996)の論文(齊藤善弘と共著)は、この課題の出発点となる論文となり、今日までこの方面の研究論文では必ず引用される文献となっています.たとえば、図は、オイラー・丸山スキームと呼ばれる数値解法の stability domain を3次元空間に図示したものです

研究クローズアップ(環境科学)

新エネルギーシステム研究室では、生きとし生けるもの全ての共生と人類の持続的発展を可能にする、新たなエネルギーシステムや社会環境を追求しています。
その哲学を踏まえて、資源・環境・エネルギーに関わる新たな価値観の創出やパラダイムの転換に資するための、新材料・新プロセス・新システムの創出に取り組むとともに、研究室から生まれた独自の技術シーズを実用化に結びつける研究開発を、他大学との連携、産官学連携、国際連携のもとに推進しています。
一方で、新反応の発見や、さらに先端的な新材料の創製法の創出をめざして、溶融塩系での化学反応・電気化学反応に関わる学術研究を継続的に進めています。 また、現在産業界で操業中、あるいは開発中の溶融塩電解工業プロセスに関わる電気化学工学的研究や基礎データ・知見の集積も行っています。


■この情報の掲載元
http://se.doshisha.ac.jp/ge/composition/envi.html

 

■理工学研究科ディプロマ・ポリシー

◆博士課程(前期課程)○数理環境科学専攻 博士課程(前期課程)・環境科学と数理科学の双方に対する基礎知識を背景に,環境科学あるいは数理科学の最先端の成果を理解できるようになる(知識)。・環境科学・数理科学の諸課題を積極的に発見し,解決法を粘り強く探求できるようになる(態度)。・環境科学・数理科学の諸課題を抽出分析し,学際的素養をもとに身につけた問題解決能力により,各種産業界や研究・教育界での課題が遂行できるようになる。(技能)。

◆博士課程(後期課程)○数理環境科学専攻 博士課程(後期課程)・環境科学・数理科学の高度な専門知識を駆使して,最先端の成果の真価を正確に評価理解できるようになる(知識)。・環境科学・数理科学の諸課題を積極的に発見し,的確に設定し,解決法を粘り強く探求できるようになる(態度)。・環境科学・数理科学の最先端の課題を抽出分析し,新理論を構築する創造力を持ち,その成果を国内学会,国際学会を問わず的確にプレゼンテーションできるようになる(技能)。

■理工学研究科カリキュラム・ポリシー

◆博士課程(前期課程)○数理環境科学専攻 博士課程(前期課程)・必修科目は,環境科学・数理科学の双方に対する柔軟な理解力,研究成果の的確な報告能力一般を修得し,各自の個別研究を遂行することを到達目標とし,1 年次における講義形式の授業科目 4 単位と 1 年次 2 年次における演習実験形式の授業科目 8 単位計 12 単位を履修する。・選択科目は,環境科学と数理科学の 2 分野に分かれ,環境科学・数理科学の諸課題を発見し解決法を探求するために必要な高度な専門知識を修得することを到達目標とし,指導教員の指導のもとで 1 年次から 2 年次にかけて授業科目 18 単位を履修する。

◆博士課程(後期課程)○数理環境科学専攻 博士課程(後期課程)・人間を取り巻く自然環境をより深く理解し,数理モデルを構築解析し,専門知識を駆使して,環境科学・数理科学の諸課題において独創的な研究を推進することのできる高度で柔軟な研究能力を修得することを到達目標とし,そのために所属する研究室の指導教員が 1 年次から3 年次まで継続的にゼミ形式で実施する環境分野または数理分野の特殊研究科目を履修する。

■この情報の掲載元
http://se.doshisha.ac.jp/ge/pdf/p_envi.pdf


岡山大学 環境理工学部 環境数理学科

更新日 2012-04-25

■学科の概要

環境にかかわる現象の 解析、評価、そして予測

自然と人間が調和し、豊かな環境を作るためには、環境に関わるさまざまな現象の解析が不可欠です。そのためには対象そのものに対する理解だけでなく、解析のための理論と技術を身につける必要があります。環境数理学科では、現象解析に必要な数理科学、統計科学、計算機科学のしっかりした基礎と幅広い応用能力を身につけた研究者、技術者を育成し、数学・統計学・コンピュータを強力な武器として環境予測や影響評価などの諸問題に取り組みます。

■環境数理学科における教育と研究

環境数理科学

環境数理モデルのコンピュータ。シミュレーションと微分方程式、実験数論、数値解析などの数理科学の理論の教育研究を行います。

「感染症はどのように流行し、その対策は?」などの現象について数学を用いたモデリングと解析、計算機によるシミュレーションを行います。生態系などの環境問題についての数学モデルをたてること、またそれらに関する数学理論について、教育研究を行います。自然界、社会に現れる様々な現象を調べるための数学的方法に関する理論と手法、および計算機シミュレーションについて教育研究を行います。

環境統計科学

現象解析のための統計的方法の理論と応用、環境データ分析と評価、統計計算法とソフトウェアの開発などについて教育研究を行います。

環境に関わる複雑な現象を解析するために多変量解析法の理論と応用に関する教育研究を行います。地理データや各種の空間データに対する地理情報システムを用いた解析とソフトウェアの教育研究を行います。リモートセンシングデータや空間データを中心に各種の環境データの統計的処理に関する教育研究を行います。

応用数理学

数学の理論をどのように応用し、発展させていくべきかというしてんから、代数学、幾何学、解析学の教育と研究を行います。

グラフ理論、組合せ論、代数学、幾何学などの理論とコンピュータを利用し、離散量の導入とその応用をめざしています。たとえば、最適組合せ、暗号、最短ネットワークの構成や検索、また対称図形と群構造の関わりの解析などを扱っています。群論、環論、符号理論などの代数学の理論とその応用について研究教育を行います。たとえば、代数的手法を用いた組合せ論の研究、群や微分の作用を用いた多項式の研究、方程式の解法や数式処理などに応用されるグレブナー基底の研究を行っています。確率モデルや生物学的数理モデルの構成・解析などを目的として、確率論や微分方程式論など、解析学の理論とその応用を扱っています。

■この情報の掲載元

http://www.ems.okayama-u.ac.jp/subject/index.html






■アドミッションポリシー

環境数理学科では、数学と統計学に立脚し、コンピュータを利用して、広範な環境に関する問題の解決に向けて挑戦しています。数学・英語に関する基礎学力を備え、困難な問題に意欲的に取り組むことのできる人を期待します。

■学習教育目標

A. 自然科学および社会科学に関する知識を幅広く修得し、多面的に考える能力と学際的な素養を身につける。
B. 科学技術が社会や自然におよぼす影響を理解し、技術者の社会に対して負っている責任について考える能力を修得する。
C. 専門分野の基礎となる数学・自然科学の知識および情報科学の知識・技術を修得する。
D. 環境問題などの具体的な問題を解明するための高度な専門技術に関する知識(a、b、c)と、それらを役立てる能力(d、e)を修得する。
a. 微分方程式、力学系、確率論、代数学、幾何学などの数学の理論とその応用。
b. プログラミング、数値計算、アルゴリズム、視覚化などの計算機科学の理論とその応用。
c. 数理統計学、計算機統計学、時空間統計学などの統計学の理論とその応用。
d. 基礎的な知識・技術を駆使した数理実験の計画・遂行、および現実のデータの正確な解析および工学的な考察。
e. 環境問題などの具体的な問題の数理技術による解明。
E. 専門に関する知識をもとにさまざまな分野の具体的な問題についての課題研究を行い、以下に述べる能力を身につける。
a. 課題を発見し設定する能力。
b. さまざまな数理技術を用いて問題を解析する能力。
c. 得られた結果を論文にまとめる能力。
F. 答えの簡単にみつからない問題に対して、種々の知識・技術を応用して解をみつけていく能力、および与えられた制約のもとで結果をまとめる能力を修得する。
G. 自らの考えを論理的に正しく構成し、それを正確に表現・伝達する能力、および国際的コミュニケーション基礎能力を修得する。
H. 卒業研究等にかかわる学習、分析、解析、実地調査、論文作成等を通じて、自主的、継続的に学習できる能力を修得する。
■この情報の掲載元

http://www.ems.okayama-u.ac.jp/admission/index.html





 
 
■カリキュラム
環境数理学科のカリキュラム
平成22年度環境数理学科カリキュラム
 
専門基礎科目及び学科履修要件
平成16~21年度入学者
 
■この情報の掲載元
http://www.ems.okayama-u.ac.jp/curriculum/index.html

 
 

■卒業後の進路
環境数理学科卒業生の進路 第10期生(平成20年3月卒業)
 

■この情報の掲載元

http://www.ems.okayama-u.ac.jp/employment/pdf/shinrogakubu10.pdf