Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

登録タグ一覧

更新日 2013-04-25

筑波大学大学院 生命環境科学研究科 地球科学専攻(区分制前期)

更新日

地球科学専攻の特色


地球科学専攻では、地球科学に関する深い専門性をもった研究者、高度専門職業人の養成と、幅広い知識と視野をもって知識基盤社会を支える知識人の育成を目的としています。多様な地球環境とその46億年にわたる変遷という幅広い事象をあつかう地球科学のなかで、各人の専門的性を深めていくことができるよう、本専攻では異なる視点をもつ二つの領域を設け、研究・教育活動を行っています。一つは、地球表層圏における多様な自然環境と人間活動、およびそれらの相互作用について探求する地球環境科学領域、もう一つは、地球の誕生から現在までの歴史と仕組みについて究明する地球進化科学領域です。また、二つの領域を融和させたカリキュラムにより、地球科学全般についての知識と幅広い視野を修得することができます。


組織イメージ


■この情報の掲載元
http://www.life.tsukuba.ac.jp/programs/chikyukagaku/index.html


地球環境科学専攻の特色


地球環境科学専攻では、地球環境の実態とその自然科学的プロセスやメカニズムを時間的・空間的に研究し、かつ人間環境を含めて総合的に解明しようとする教育と研究を行ってる。この目的を達成するために、6つに分野と連携大学院方式による2つの分野が組織されている。


組織イメージ


■この情報の掲載元
http://www.life.tsukuba.ac.jp/programs/kankyou/index.html

帝京科学大学 生命環境学部 自然環境学科 自然環境コース/環境ケミストリーコース

更新日 2013-04-09

生物環境分野と環境ケミストリー分野の2つの分野から環境問題の解決を探る

現代では、環境問題は世界的な命題のひとつです。人と自然が共生できる社会の実現をめざす自然環境学科では、動植物と自然の関係から、生物学的な視点で環境問題を考える生物環境分野と、クリーンエネルギーやグリーンテクノロジーなど化学の力を環境問題の解決に生かす環境ケミストリー分野の二つのフィールドを用意しています。どちらも、フィールドワーク(野外実習)と科学実験・研究の両面から、体験しながら学んでいきます。

 

学科の教育理念

環境の現状を正確に把握できる科学技術を身につけ,環境問題を解決するための知識習得をめざします。

専門科目

低学年では環境科学を学ぶ上で必要になる生物や化学関連の「専門基礎科目」,環境分析・調査の基本を学ぶ「学生実験」や「野外実習」,を学びます。さらに,2年生からは「生物との関わりから環境問題を学ぶ」生物環境分野と,「化学の力で環境問題を解決する方法を学ぶ」環境ケミストリー分野の多くの講義のなかから,自分にあった科目を履修できます。

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/gaiyo/


生物環境分野

自然や野生動物の生態をフィールドワークによって、体験しながら理解。人間と野生動物や植物の関わりを学び、汚染されてしまった自然環境を浄化・修復していく方法を探っていきます。

近年、日本の森林や里山は放置され、荒廃が進んだ地域が少なくありません。森林や里山が荒れると、川の水の増減が激しくなり、川は汚れ、飲み水にも少なからず影響が出てきます。また、森林や里山の環境の変化によって住むところを失った野生動物たちは、餌を求めて人里近くに現れるようになり、新たな問題を生み出しています。自然環境分野では、自然や野生動物の生態をフィールドワークによって理解し、環境を浄化・修復していく方法を探り、環境に優しい物質やエネルギーを考えます。希望する学生たちのために、生物と環境の関わりについて野外で集中的に学ぶ「生物環境履修プログラム」も用意しています。

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/cource/nature.html

共通科目

◎は必修
区分 授業科目 単位数

毎週授業時間数
1年次 2年次 3年次 4年次
1 2 3 4 5 6 7 8
共通科目


人文系 哲学と思想 2 2
生命と倫理 2 2
こころの科学 2 2
社会心理学 2 2
文学と芸術 2 2
歴史と人間 2 2
社会系 経済学の基礎 2 2
政治と思想 2 2
法学の基礎 2 2
日本国憲法 2 2
社会学の基礎 2 2
現代の社会福祉 2 2
複合系 知識と人間 2 2
異文化理解Ⅰ 2 2
異文化理解Ⅱ 2 2
時事問題解説 2 2
職業と社会生活 

(キャリア教育)
2 2
多文化共生論 2 2
環境と社会 2 2
自然系 数学Ⅰ 2 2
数学Ⅱ 2 2
物理Ⅰ 2 2
物理Ⅱ 2 2
化学Ⅰ 2 2
化学Ⅱ 2 2
生物Ⅰ 2 2
生物Ⅱ 2 2










情報系 情報処理Ⅰ 1 2
情報処理Ⅱ 1 2
言語系 基礎英語Ⅰ 1 2
基礎英語Ⅱ 1 2
インターネット英語Ⅰ 1 2
インターネット英語Ⅱ 1 2
英文作成と出版Ⅰ 1 2
英文作成と出版Ⅱ 1 2
英文聴解と出版Ⅰ 1 2
英文聴解と出版Ⅱ 1 2
英文多読Ⅰ 1 2
英文多読Ⅱ 1 2
英文多聴Ⅰ 1 2
英文多聴Ⅱ 1 2
英語プレゼンテーションⅠ 1 2
英語プレゼンテーションⅡ 1 2
言語技術と論文Ⅰ 1 2
言語技術と論文Ⅱ 1 2
中国語基礎Ⅰ 1 2
中国語基礎Ⅱ 1 2
中国語応用Ⅰ 1 2
中国語応用Ⅱ 1 2
韓国語基礎Ⅰ 1 2
韓国語基礎Ⅱ 1 2
韓国語応用Ⅰ 1 2
韓国語応用Ⅱ 1 2



健康と生活 2 2
健康運動学基礎演習 1 2
基礎スポーツⅠ 1 2
基礎スポーツⅡ 1 2
応用スポーツⅠ 1 2
応用スポーツⅡ 1 2



基礎ゼミ 1 2
89 52 48 4 4 6 6 0 0


専門科目

◎は必修
区分 授業科目 単位数

毎週授業時間数
1年次 2年次 3年次 4年次
1 2 3 4 5 6 7 8








地球科学 2 2
化学基礎 1 1
物理学基礎 1 1
基礎動物学 2 2
基礎植物学 2 2
昆虫学 2 2
環境科学概論 2 2
植物生態学 2 2
基礎環境生態学 2 2
生物環境科学 2 2
基礎有機化学 2 2
基礎物理化学 2 2
自然環境と地球科学 2 2
水環境の科学 2 2
大気環境の科学 2 2
環境機器分析 2 2
環境経済学 2 2
植物資源科学※ 2 2
植物組織培養学※ 2 2







環境破壊と野生生物 2 2
植物栄養学 2 2
人間活動と自然 2 2
水圏生態学 2 2
環境分析化学 2 2
有機化学 2 2
物理化学 2 2
環境浄化と保全の科学 2 2
グリーンケミストリー 2 2
無機化学 2 2
環境微生物学 2 2
環境浄化と生物機能 2 2
植物ストレス生理学 2 2
環境と生物多様性 2 2
森林生態学 2 2
生態系の保全と再生 2 2
グリーンエネルギーシステム 2 2
保全鳥類学 2 2
環境適応進化学 2 2
保全遺伝学 2 2
エネルギーと環境 2 2
生体親和マテリアル 2 2
環境計量と公害防止の化学 2 2
生命化学 2 2
自然環境セミナー 2 4
遺伝子化学※ 2 2
植物生理学※ 2 2












基礎科学実験Ⅰ 1 2
基礎科学実験Ⅱ 1 2
自然環境演習 2 4
環境科学実験Ⅰ 4 12
環境野外実習Ⅰ 2 4
環境科学実験Ⅱ 4 12
環境野外実習Ⅱ 2 4
自然環境特別実習Ⅰ 2 4
自然環境特別実習Ⅱ 2 4
企業実習 1


卒業研究 8
119 14 12 46 38 18 12 0 0

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/curiculum/index.html


環境ケミストリー分野

自然や地球に優しく、また、人々の快適な生活を維持して行くには、化学の視点から環境問題にアプローチしていくことも大切です。クリーンエネルギーやグリーンテクノロジーなどを活用して、地球温暖化や環境汚染を防いでいく方法を考えます。

化学の視点から、地球温暖化や大気汚染などの環境問題の原因を取り除き、人類が快適な生活を送るためのテクノロジーについて学ぶ分野です。1年次から野外実習や実験を多く取り入れ、環境保全への意識を高め、問題解決能力を磨いていきます。太陽電池などのクリーンなエネルギーを考える『クリーンエネルギーシステム』をはじめ、化学を応用した生産活動を環境に優しいものに変える『グリーンケミストリー』、環境に負荷をかけない化学合成プロセスを学ぶ『エネルギーと環境負荷』などの多彩な授業が、好奇心をさらに掻き立てます。化学の力で人と自然にやさしい社会を実現する、情熱と技術を備えた人材を育成します。

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/cource/chemistoryi.html

 

カリキュラム

共通科目

◎は必修
区分 授業科目 単位数

毎週授業時間数
1年次 2年次 3年次 4年次
1 2 3 4 5 6 7 8
共通科目


人文系 哲学と思想 2 2
生命と倫理 2 2
こころの科学 2 2
社会心理学 2 2
文学と芸術 2 2
歴史と人間 2 2
社会系 経済学の基礎 2 2
政治と思想 2 2
法学の基礎 2 2
日本国憲法 2 2
社会学の基礎 2 2
現代の社会福祉 2 2
複合系 知識と人間 2 2
異文化理解Ⅰ 2 2
異文化理解Ⅱ 2 2
時事問題解説 2 2
職業と社会生活 

(キャリア教育)
2 2
多文化共生論 2 2
環境と社会 2 2
自然系 数学Ⅰ 2 2
数学Ⅱ 2 2
物理Ⅰ 2 2
物理Ⅱ 2 2
化学Ⅰ 2 2
化学Ⅱ 2 2
生物Ⅰ 2 2
生物Ⅱ 2 2










情報系 情報処理Ⅰ 1 2
情報処理Ⅱ 1 2
言語系 基礎英語Ⅰ 1 2
基礎英語Ⅱ 1 2
インターネット英語Ⅰ 1 2
インターネット英語Ⅱ 1 2
英文作成と出版Ⅰ 1 2
英文作成と出版Ⅱ 1 2
英文聴解と出版Ⅰ 1 2
英文聴解と出版Ⅱ 1 2
英文多読Ⅰ 1 2
英文多読Ⅱ 1 2
英文多聴Ⅰ 1 2
英文多聴Ⅱ 1 2
英語プレゼンテーションⅠ 1 2
英語プレゼンテーションⅡ 1 2
言語技術と論文Ⅰ 1 2
言語技術と論文Ⅱ 1 2
中国語基礎Ⅰ 1 2
中国語基礎Ⅱ 1 2
中国語応用Ⅰ 1 2
中国語応用Ⅱ 1 2
韓国語基礎Ⅰ 1 2
韓国語基礎Ⅱ 1 2
韓国語応用Ⅰ 1 2
韓国語応用Ⅱ 1 2



健康と生活 2 2
健康運動学基礎演習 1 2
基礎スポーツⅠ 1 2
基礎スポーツⅡ 1 2
応用スポーツⅠ 1 2
応用スポーツⅡ 1 2



基礎ゼミ 1 2
89 52 48 4 4 6 6 0 0


専門科目

◎は必修
区分 授業科目 単位数

毎週授業時間数
1年次 2年次 3年次 4年次
1 2 3 4 5 6 7 8








地球科学 2 2
化学基礎 1 1
物理学基礎 1 1
基礎動物学 2 2
基礎植物学 2 2
昆虫学 2 2
環境科学概論 2 2
植物生態学 2 2
基礎環境生態学 2 2
生物環境科学 2 2
基礎有機化学 2 2
基礎物理化学 2 2
自然環境と地球科学 2 2
水環境の科学 2 2
大気環境の科学 2 2
環境機器分析 2 2
環境経済学 2 2
植物資源科学※ 2 2
植物組織培養学※ 2 2







環境破壊と野生生物 2 2
植物栄養学 2 2
人間活動と自然 2 2
水圏生態学 2 2
環境分析化学 2 2
有機化学 2 2
物理化学 2 2
環境浄化と保全の科学 2 2
グリーンケミストリー 2 2
無機化学 2 2
環境微生物学 2 2
環境浄化と生物機能 2 2
植物ストレス生理学 2 2
環境と生物多様性 2 2
森林生態学 2 2
生態系の保全と再生 2 2
グリーンエネルギーシステム 2 2
保全鳥類学 2 2
環境適応進化学 2 2
保全遺伝学 2 2
エネルギーと環境 2 2
生体親和マテリアル 2 2
環境計量と公害防止の化学 2 2
生命化学 2 2
自然環境セミナー 2 4
遺伝子化学※ 2 2
植物生理学※ 2 2












基礎科学実験Ⅰ 1 2
基礎科学実験Ⅱ 1 2
自然環境演習 2 4
環境科学実験Ⅰ 4 12
環境野外実習Ⅰ 2 4
環境科学実験Ⅱ 4 12
環境野外実習Ⅱ 2 4
自然環境特別実習Ⅰ 2 4
自然環境特別実習Ⅱ 2 4
企業実習 1


卒業研究 8
119 14 12 46 38 18 12 0 0

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/curiculum/index.html

 

めざす資格


自然環境学科では、所定の単位を修得すると、高等学校および中学校教諭一種免許(理科)、博物館学芸員の資格を取得できます。その他、公害防止管理者、環境測量士、甲種危険物取扱者の資格取得を、授業や実習、関連サークルなどで強力にサポートします。


◎卒業することで取得できる資格

※所定の単位の習得が必要です


中学校教諭一種免許状(理科) 高等学校教諭一種免許状(理科)

専門知識を活かして、公立及び私立の中学校・高等学校の「理科」の教員をめざすことができます。自分の将来を真剣に考える年代の中・高校生を指導していく、やりがいのある仕事です。将来教員になるには、大学の教職課程を履修し免許を取得した後、各都道府県で行われる採用試験(私立の場合は独自の採用試験)に合格しなければなりません。
資格取得方法
卒業に要する単位の他に、教育実習など「教職に関する専門科目」や「教科に関する専門科目」の所定の単位を修得しなければなりません。入学時より計画的に履修する必要がありますので、教育職員に就く固い意思と熱意を持って、チャレンジしましょう。

博物館学芸員

学芸員は、自然科学、歴史、芸術などの博物館で、資料の収集・保管をはじめ、展示および調査研究などを専門的に行います。また、利用者へのアドバイスやレクリエーションなど、研究活動とともに教育活動を行う役割も担っています。自らの専門性を追究しながら、来館者にどう説明したら興味を持ってもらえるかを考え、創意工夫を凝らします。
受験資格取得方法
本学の所定の単位をすべて修得した者に対して、大学は卒業の際に、学芸員となる資格を証する「博物館学芸員資格取得証明書」を授与します。

自然再生士補

自然再生とは、自然環境が損なわれた地域において、損なわれた自然環境を取り戻す行為を言い、自然再生士とは、そのような自然再生に関わる事業全体を把握し、構想、計画、設計、施工、管理という事業の各段階で行われる業務や活動全体を総括する人に必要とされる資格です。自然再生士補の資格を取得することで、自然再生士の受験資格に必要な実務経験を1年(本来は3年)に短縮することができるようになります。
資格取得方法
本学科は平成23年度より自然再生士補資格養成の認定校となりました。所定の単位を修得・卒業し登録申請することで自然再生士補の資格を取得できます。


◎受験資格を得られる資格

※所定の単位の習得が必要です


甲種危険物取扱者

火災や爆発を起こす危険のある化学薬品や石油類などの危険物の取り扱いと、定期点検・保安の監督ができる資格です。化学工場やガソリンスタンドや石油貯蔵タンクなどには、危険物取扱者を設置することが義務付けられています。
受験資格取得方法
化学に関する授業科目15単位以上を修得していれば、甲種危険物取扱者の受験資格が得られます。また受験講座を開講しています。

◎受験を推奨する資格

※所定の単位の習得が必要です


公害防止管理者

工場から公害が発生するのを防ぐ専門家。工場において、燃料や原材料の検査、騒音や振動の発生施設の配置の改善、排出水や地下浸透水の汚染状態やダイオキシン量の測定などを行います
バックアップ講座
生物の力を利用した環境問題への取り組みを学ぶことで、受験に有利になります。

環境計量士

化学物質の濃度を調べる分析センターなどで、公害防止や環境保全を目的に、検査及び、計量管理の仕事に携わる有資格者。大気・水質・土壌などの汚染濃度関係(化学分野)と騒音・振動関係(物理分野)の2種類があります。
バックアップ講座
濃度関係と騒音・振動関係に対応する2つの特別授業を開講して、資格取得をバックアップしています。

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/shikaku/index.html


将来の進路


平成22年度(平成23年3月)卒業生


将来の進路
就職先
ヤンマー株式会社、株式会社シー・アイ・シー、三友プラントサービス、宮木電機製作所、山梨旭ダイヤモンド株式会社、グローバルライズ株式会社(アクアライズ大宮店)、TRIPPER(トリッパー)、株式会社ファミリーブック、株式会社セラヴィリゾート泉郷、カコトリミングスクール、ヤマト運輸株式会社、しまむら園芸、イーエムシー株式会社、株式会社サイネックス、ケアサービス株式会社、財団法人KEEP協会、株式会社ジョイフル本田、株式会社バーンリペア、株式会社平勝、株式会社小倉、株式会社ベストライフ、プリントネット株式会社、光通信株式会社、株式会社ブシド、株式会社スーパーアルプス、株式会社シャトレーゼ、富山技術サービス有限会社、長野鍛工株式会社 ほか
主な進学先
帝京科学大学大学院、埼玉大学大学院
 

 

■この情報の掲載元
http://www.ntu.ac.jp/gakubu/seimei/kankyo/future/index.html

東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程

更新日

 

総合的な視点で人間活動と自然環境の調和をはかる


温暖化、海洋汚染、砂漠化、廃棄物、野生生物の絶滅…。地球環境は悪化の一途を辿っています。環境問題を解決・改善していくために重要なのは、「人間活動」と「自然環境」の間に調和がとれた関係を確立すること。解決の鍵となるのは、自然と共生する社会を確立する上で、克服すべき諸問題に対応できる広い視野をもち、自ら考え、解決に向けて行動できる人材です。本課程では、環境問題の解決において重要な自然科学系科目に加え、人文・社会科学的視点を養える科目も数多く設置。分野にとらわれない総合的な視点で環境問題解決に貢献できる人材を育成します。

自然科学と人文・社会科学の両立

自然科学を中心に、人文・社会科学の視点を併せ持つ総合的な教育を行っています。その一環として、人間環境領域の専門科目を設置。複数の教員によるオムニバス形式の授業や、人間環境への理解を深める調査・発表・議論を中心とした授業、実践的知識を身につける体験学習、複数の教員により幅広い視点での指導が可能となる卒業研究などがあります。

実験・実習で体験的に学ぶ

環境問題というグローバルで複雑なテーマに取り組むためには、自ら考え、積極的に問題の解決に向けて行動できる人材の育成が不可欠です。カリキュラムでは、実験・実習を重視するとともに、教育の基本方針として、少人数教育を徹底。学生の自主性を磨きつつ、学生の思考力や判断力を最大限に伸ばすための環境を整備しています。

学びを表すキーワード

エコ 環境問題、地球温暖化、生物多様性、環境教育、環境政策、環境保全、リサイクル、エネルギー 気象、食と農業


■この情報の掲載元
http://www.u-tokai.ac.jp/undergraduate/humanities_and_culture/environment_and_resources/index.html



カリキュラム


人間環境学科は自然環境課程と社会環境課程から構成されています。

両課程が交わる総合科学系の「人間環境領域」を構成しているところに特徴があります。


1〜8セメスター(1〜4年次)別時間割の参考例を示します


独自領域科目 人間環境領域科目 理科教員

教職科目
自然環境課程 学科共通科目 社会環境課程
1年次

第1セメスター

第2セメスター
●高校理科の復習科目

自然科学実習(数学)、

(物理)、(化学)、(生物)

●自然環境基礎

(数学・物理・化学・生物)

●社会情勢の理解科目 

社会基礎実習

●キャリア支援科目

環境カウンセラー講座、

技術士補(環境部門)講座、

生物分類講座1・2、

社会事情講座
●環境倫理

●環境教育論
●環境学序論 ●教育心理学

●教育原理

●学習指導論

●日本国憲法

●教育制度論

●生物学実験

●物理学実験

●化学実験

●コンピュータ実習
2年次

第3セメスター

第4セメスター
●環境保全演習1・2

●自然環境基礎実験1・2

●自然環境科学1・2

●自然環境と気象

●環境数理
●大気環境論

●水環境論

●土壌環境論

●地球科学
●環境基礎演習

●環境体験演習1・2
●外国環境事情

●環境政策論

●福祉経営論
●教職論

●道徳教育論

●教育相談

●生徒指導論

●化学概論

●物理学概論

●生物学概論

●地学概論

●地学実験
3年次

第5セメスター

第6セメスター

4年次

第7セメスター

第8セメスター
●プレゼミナール1・2

●自然環境応用実験1・2

●環境保全と微生物利用

●生命現象の化学

●資源利用の化学

●環境エネルギーの基礎

●環境エネルギー利用論

●環境分析論

●環境情報処理

●ゼミナール特講
●動物生態学

●植物生態学

●微生物生態学

●水生生物学

●生物資源論

●環境リスクと安全

●人間環境と化学物質

●環境エネルギー政策論

●資源リサイクル論

●環境芸術論

●地域環境論

●環境法

●環境影響評価論

●人口論
●NPO論

●地域福祉論

●環境経済論

●社会福祉概論

●居住福祉論

●環境管理論

●都市環境論

●環境協力論

●障害者福祉論

●環境会計

●老人福祉論

●福祉経済論

●社会保障論

●マーケティング政策論
●特別活動論

●理科教材論

●理科教育法1・2

●教育総合演習
7&8セメスター

(4年次)で

履修すべき

科目
●ゼミナール1・2

●卒業研究1・2
●環境専門演習1・2 ●教育実習1・2

●教職実践演習

(中・高)


●印は、社会環境課程で開講されている人間環境領域科目を示します。この科目を20単位以上修得すると副専攻:環境科学(社会)が修得できます。

教養学部 人間環境学科 自然環境課程

2012年度卒業単位数一覧


区分 科目区分 構成授業科目 単位数
I 現代文明論 現代文明論 4
II 現代教養科目 文理共通科目 6
体育科目 2
III 英語コミュニケーション科目 英語コミュニケーション科目 8
IV 主専攻科目 必修科目 19
選択科目 学部共通科目 0
学科開講科目 43
V 自己形成科目 主専攻発展科目 42
全学共通科目
他学部 ・他学科科目
副専攻・特定プログラム科目
区分II ・IV の余剰科目
卒業単位数 124

VI 卒業単位に含まれない科目 0

■この情報の掲載元
http://www.u-tokai.ac.jp/undergraduate/humanities_and_culture/environment_and_resources/curriculum/index.html



資格と進路


環境保全に関する社会のニーズは高まる一方です


資格


一定の単位修得により取得できるもの

・教員免許状

中学校教諭一種免許状(理科)

高等学校教諭一種免許状(理科)

・社会福祉主事任用資格

司書・司書教諭

取得支援科目を設けているもの


・環境カウンセラー(市民部門)
・技術士補(環境部門)
・生物分類技能検定

 


最近の主な就職先(2005〜2010年度)


建設業


製造業
アサヒプリテック、キッセイ薬品工業、サトー、神鋼観光ソリューション、太陽工業、東京アート、東信電気、凸版印刷、マルコ、ワコール、(株)ミスミグループ

情報通信業
アイディエックス・テクノ、アナザーウェア、エイアイエス、エム・エス・アイ、エン・ジャパン、ぐるなび、コムシス、ソラン、日立ハイシステム21、富士ソフト、ホットリンク

運輸業
小田急電鉄、国際航業、佐川急便、西武鉄道、ティーエルロジコム、東京急行電鉄、東京地下鉄、東武鉄道、西日本旅客鉄道、日本通運、郵便事業、リコーロジスティクス

卸売・小売業
イエナ商事、伊藤忠エネクス、クリエイトエス・ディー、サンエー・インターナショナル、三和、ジャパンビバレッジ、田窪、竹田理化工業、ダイワラクダ工業、椿本興業、東京トヨタ自動車、日産プリンス東京販売、ニトリ、日本瓦斯、ノジマ、ファンケル、富士ゼロックス東京、ブックオフコーポレーション、山善、ヨックモック

金融・保険業
光陽ファイナンシャルトレード、サンワード貿易、新生銀行、三井住友銀行、焼津信用金庫、りそな金庫

不動産業
TFDコーポレーション、東京日商エスエム、東急リバブル、レオパレス21

飲食店・宿泊業
グレイスホテル、幸楽苑、叙々苑、プリンスホテル、ワタミ

複合サービス事業
エバーグリーン、クリタ分析センター、スタジオアリス、綜合警備保障、ダイナム、福山市農業協同組合

公務員・団体
北九州市役所、警察庁、東京消防庁、日本郵政公社

学校
神奈川県千葉県の中学校、岡山県の私立高校

■この情報の掲載元
http://www.shc.u-tokai.ac.jp/about/gakka/ningenkankyo/sizenkankyo/course/index.html

富士常葉大学 社会環境学部 地球にやさしいくらしを考えるコース/人と自然の共生を考えるコース/人と社会の安全を守るコース

更新日 2012-07-10

■人材育成の基本方針


学部のコンセプト
本学部は環境問題の解決や社会の安全確保のための社会システムの構築を目指し、関連する自然科学分野の知識の理解と、それらを前提とした社会科学分野の視点に基づく問題解決型の教育研究に重点を置くとともに、複数専門分野の教員による学際的な授業を展開し、社会環境や防災のために貢献できる人材育成を目的としています。









■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD3/





■アドミッションポリシー
これまでの環境防災学部の基本理念を受け継ぎ、社会環境学部は、環境問題の解決や社会の安全確保の
ための社会システムの構築を目指し、社会環境の質的向上に貢献できる人材育成を目指しています。そのた
め、環境や安全に関し自然科学を基礎とする「科学技術」と社会科学を基礎とした「社会技術」の習得を求め、
持続可能な社会を実現するための的確な知識と「人・くらし」の視点に立った政策評価、合意の形成等の必要
な社会技術を有した「課題解決型の人材」を目指し、実践力のある学生を養成します。 そのために以下のよ
うな学生を求めている。
・私たちの身近な生活環境から地球環境までの様々な現象に何かしら問題点や疑
問を抱く感受性があり、持続可能な社会の実現に貢献することを目指し、現状の
社会が抱える課題の解決のため的確な知識と判断力を身につけたい人。
・社会心理学、社会学、社会人類学、社会情報学といった社会科学の分野に興味を
持ちそれらの知識・技術を習得し、積極的に人や社会に関わり、「環境問題の解決」や
「安全・安心な社会」の構築に貢献したいと志している人。
・環境再生学、環境科学、生態学等に興味を持ち、環境教育、環境と野生生物の保全、
自然再生などについて学び、自ら実践することで人と自然の共生を目指した社会の
構築に貢献したいと志している人。
・地震学・地質学・火山学・防災工学、もしくは地域防災・企業防災・防災教育等に
興味をもち、安全・安心な社会システム作りに貢献したいと志している人。














■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD24/

 



■教育課程の編成と特色

「環境防災学部設立10年」を機に社会環境学部へ


学部設立から10年が経過しようとしている中、環境や安全をめぐる問題の複合化・日常化・利害対立の複雑化等により、個別的対応では問題は解決せず、社会システム全体の問題として捉えなければならない時代へと変化してきました。
つまり、現代社会では、「問題を社会システム全体として捉えた中で、社会的合意形成のとれた最適解を提案・実行できるような『課題解決型人材』」が求められてきています。
そこで環境防災学部では、これまでの長所を活かしつつ、現代社会の新たなニーズに対応するために 『+α 』 を取り入れ、より社会全体に関わる『社会環境学部』へと進化させる必要があると判断しました。

社会環境学部の『+α 』


問題を社会システム全体として捉えた中で、社会的合意形成のとれた最適解を提案・実行できるような『課題解決型人材』を育成します。

① 『人』と『くらし』の視点を強化します。
社会的合意形成のための社会技術の修得を図ります。
例:合意形成技術、相互理解、コミュニケーション技術、政策評価技術、など

② 『基礎教養』教育を重視します。
『文理融合』や『専門教育』を支えるための素養を身につけます。

③ 3コースを設置し、学生の専門性を深めます。
学生各自の興味・関心に応じて、コース別履修モデルを参考に、課題解決に必要となる
『専門知識』を修得します。

④ 野外調査・実習・実験などの屋外での活動を重視します。
課題発見や課題解決のための実践力を身につけます。





■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD5/



■地球にやさしいくらしを考えるコース

地球にやさしいくらしを実現するために


地球エコのために君は何ができるのか。
フジトコのエコ活動「知る、調べる、つくる、行動する」をやってみよう。
人間社会と環境との相互関係について幅広く学習し、環境問題解決の手法を学びます。様々な環境問題に取り組むためには、社会の仕組みを考え、よりよい社会 制度を設計することから、自らのライフスタイルを見直し日常生活の中で行動することまで、それぞれの立場でどのような役割を果たしていくべきかを学びま す。
持続的な社会を実現するための提案と実践ができる人材を育てます。


コースの特徴

◆身近な地域社会や環境を学ぶ。
まず身近な場所から環境問題を考ます。自分の住んでいる場所について、意外に知らないことも多いはず。社会調査や環境調査などの実習を通じて、身近な地域や環境を知るすべを学びます。また、富士山の清掃活動や植林活動、宝永火口巡検など富士ならではの活動も行ないます。


◆社会システムや地球環境に学ぶ
私達の暮らしを支えているのは、 食品にしてもエネルギーにしてもグローバルな社会システムです。現代社会のありようが地球環境問題を引き起こしているのです。浜岡原発の見学などを通じ、 法律や制度など社会システムという広い視点から、地球環境問題の原因・解決方法を考えます。


◆環境問題を多角的にとらえる視点
温暖化やオゾンホールといった 地球規模の現象から、廃棄物の後始末のような身近な問題まで、いま地球上で起きている環境に関する様々なテーマを素材にして、その現在進行形の難題への対 応策を考えます。なぜ、発生したのか?どこに問題があるのか?発生原因の責任はどこにあるのか?政治的な側面、経済活動の側面などから、多角的に考察し分 析します。

目標とする進路・資格

《進路》
公務員(環境保全・政策)
財団法人(環境教育、NGO、NPO)
製造業・流通業
(企画や商品開発部門で新製品の設計に環境コンセプトを注入)
エネルギー関係
環境コンサルタント
中学・高校教員(理科)
大学院


《取得資格》
環境ISO内部監査院
環境再生医
環境カウンセラー
中学・高等学校教論一種免許(理科)

 
■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD9/

 



■人と自然の共生を考えるコース
富士山の麓で「人と自然の共生」について考え、自然の再生を実現する方法までを学ぶ
富士山南麓という、自然や生物に関心のある学生にとっては最適の環境を生かし、環境教育、環境と生物の保全や再生を理解し、実践的な技術を身につけた人材を育てます。生物や環境の調査、自然林の復元や棚田保全活動などへの参加により、知識だけでなく、様々な経験を通して、人と自然の共生を実現する力をつけます。
<コースの特徴>

・人と自然の共生を実現するために
「人と自然の共生」こそが、地球と人類の未来に真の豊かさを導いてくれる第一歩です。かつて日本人の暮らしは環境共生的なものでした。先人の知恵と新しい環境学の成果を合わせて学びましょう。そのために、社会システムのあり方や私達のライフスタイルを変える実践的な方法まで一緒に考えて見ましょう。

・環境や生き物をよみがえらせる
人間のさまざまな活動は自然や野生生物に影響を与えて、既に深刻な状況にあります。喪失した環境や生き物を再生するため、取り組むべきことがあります。まず、生き物の生態や危機的な状況を知ること、そして野生の生き物を守り育む多様な環境を保全・復元することです。

・生物に適した環境を知る・守る
環境共生的な社会を形成するには、絶滅の危惧される動植物を保護するだけでなく、その生育環境(ビオトープ)を保全することが重要です。命を育む水や大気などの環境の健康度を診断し、病んだ環境を治療、改善する方法を学び、さらに、都市化にともなう環境の変化で失われた自然を再生する技術を習得します。

■目標とする進路・資格

《進路》
公務員(環境保全・環境管理)
環境調査・分析会社
造園業者
林業(森林組合・営林署)
財団法人(環境教育、NGO、NPO組織)
環境保護NGO
中学・高校教員(理科)
金融機関、建設、建築業者
企業の環境管理担当者
農業(農事組合)
自然学校、大学院
《取得資格》
中学・高等学校教論一種免許(理科)
公害防止管理者
ビオトープ管理士
環境再生医
自然体験推進協議会(CONE)リーダー
生物分類技能検定
環境計測士
環境管理士
ネイチャーゲームリーダー

■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD10/

 



■人と社会の安全を守るコース

人のいのちと社会の安全を守るための学び


地 震、風水害、火山など多種多様な自然災害の脅威に見舞われながら、わが国は驚異的な経済発展を成し遂げられてきたのは、災害と闘う知恵と技術をはぐくみ続 けてきたからです。人命を守る消防士・警察官・自衛官・防災部門の行政職員、企業の危機管理者、環境防災活動を目的とするNPO法人など、社会の安全を守 る仕事に求められる能力を身につけ、社会で活躍できる人を育てます。


コースの特徴

◆安全・安心な社会実現のための教育システム
現 代社会を取り巻く環境には、自然災害のみならず、事故、危険物災害、新型インフルエンザ等の感染症、犯罪被害など様々な危機が存在します。将来にわたり、 これらの危機から自らの命や社会を守り存続させていくためには、防災教育による人づくりがもっとも重要です。防災カリキュラムの作成や実習を通し、防災教 育の手法を学びます。
◆災害教訓の体系化と共有化
将来の災害に「そなえる」ためには、 災害との「たたかい」の歴史から、それぞれの地域・社会が生み出してきた、災害に対する「そなえ」や災害を「のりこえる」ための仕組みや知恵などを体系的 に理解する必要があります。この様な教訓の体系化の手法や、教訓の共有化の手法を学びます。

◆リスクを科学的に分析し対応する力
起こりうる危険を予測し、予め対処しておくことにより、損失を最小限にとどめるための科学的手法をリスクマネジメントといいます。この基本的な考え方を学ぶとともに、これを実践するための科学的な知識を身につけます。

目標とする進路・資格

《進路》
公務員(消防士、警察官、自衛官、一般行政職)
防災関連
コンサルタント企業
住宅関連企業
防災関連研究機関
国際協力団体
一般企業
(企業の災害時行動マニュアルの作成、防災訓練の企画担当者)

《取得資格》
中学・高等学校教論一種免許(理科)
防災士
危険物取扱者
消防設備士
気象予報士
■この情報の掲載元

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/topics/NOD11/

 

■カリキュラム

<社会環境学部 専門科目>

http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/syakaikankyo/images/tfile_272_2.pdf

 

 

地球にやさしいくらしを考えるコース

地球にやさしいくらしを実現するために


地球エコのために君は何ができるのか。
フジトコのエコ活動「知る、調べる、つくる、行動する」をやってみよう。
人間社会と環境との相互関係について幅広く学習し、環境問題解決の手法を学びます。様々な環境問題に取り組むためには、社会の仕組みを考え、よりよい社会 制度を設計することから、自らのライフスタイルを見直し日常生活の中で行動することまで、それぞれの立場でどのような役割を果たしていくべきかを学びま す。
持続的な社会を実現するための提案と実践ができる人材を育てます。


コースの特徴


◆身近な地域社会や環境を学ぶ。
まず身近な場所から環境問題を考ます。自分の住んでいる場所について、意外に知らないことも多いはず。社会調査や環境調査などの実習を通じて、身近な地域や環境を知るすべを学びます。また、富士山の清掃活動や植林活動、宝永火口巡検など富士ならではの活動も行ないます。


◆社会システムや地球環境に学ぶ
私達の暮らしを支えているのは、 食品にしてもエネルギーにしてもグローバルな社会システムです。現代社会のありようが地球環境問題を引き起こしているのです。浜岡原発の見学などを通じ、 法律や制度など社会システムという広い視点から、地球環境問題の原因・解決方法を考えます。


◆環境問題を多角的にとらえる視点
温暖化やオゾンホールといった 地球規模の現象から、廃棄物の後始末のような身近な問題まで、いま地球上で起きている環境に関する様々なテーマを素材にして、その現在進行形の難題への対 応策を考えます。なぜ、発生したのか?どこに問題があるのか?発生原因の責任はどこにあるのか?政治的な側面、経済活動の側面などから、多角的に考察し分 析します。

目標とする進路・資格

《進路》
公務員(環境保全・政策)
財団法人(環境教育、NGO、NPO)
製造業・流通業
(企画や商品開発部門で新製品の設計に環境コンセプトを注入)
エネルギー関係
環境コンサルタント
中学・高校教員(理科)
大学院


《取得資格》
環境ISO内部監査院
環境再生医
環境カウンセラー
中学・高等学校教論一種免許(理科)

九州大学 農学部 生物資源環境学科 地球森林科学コース

更新日 2012-07-09

■地球森林科学 コース

  • 森林機能制御学分野
  • 森林機能開発学分野
  • 生物材料機能学分野
森林資源の持続的生産・利用と人類の生存及び環境修復に寄与する専門的知識と社会的要請への対応能力を習得させるために必要となる授業科目を、自然科学から社会科学に跨がる学問の基礎及び応用の視点から体系的に編成し、各教育分野の分担・連携の下、地球森林科学に関する総合的な教育を行います。

 

■ 森林機能制御学分野

 



■ 森林機能開発学分野



 

■生物材料機能学分野

 




■卒業後の進路










■この情報の掲載元

http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/common/pdf/guidebook.pdf

 

早稲田大学大学院 人間科学研究科 地域・地球環境科学研究領域

更新日 2012-04-17

人間科学研究科の理念

人間科学研究科では、科学技術の飛躍的な進歩のなかで失われた人間性を回復するために、人間と環境の調和や心身の健康の維持増進などを通して生活の質の向上に貢献するような、人間を中心においた総合科学を形成することを目的としている。

このような人間の総合的な理解のために、人間科学研究科ではきわめて多岐にわたる研究がおこなわれているが、それら相互に連携をもたせるために、各研究指導を地域・地球環境科学研究領域人間行動・環境科学研究領域文化・社会環境科学研究領域健康・生命医科学研究領域健康福祉科学研究領域臨床心理学研究領域感性認知情報システム研究領域教育コミュニケーション情報科学研究領域の8つの研究領域に分け、人間科学専攻を構成している。

各研究領域に所属する学生は、所属する研究指導の演習に専念するだけでなく、同じ研究領域内の関連する多様な講義や演習、他の研究領域の講義科目などを広く履修して、学際的な人間総合科学の全体像を把握し研究を行う。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

各研究領域およびコースにおいては、それぞれ国内・国際的に活躍する高い専門性を備えた研究者・実践家の育成を目的とすることはいうまでもない。しかし、それと同時に、人文・社会科学と自然科学が相互浸透する総合科学としての人間科学を追究するわが国で最初期の大学院のひとつとであることから、高い専門性を取り巻く広い学際性を背景にして、時代や社会が要請する人間をめぐる多様な諸問題に対応できる柔軟な応用力を備えた、しなやかなセンスのある新しいタイプの研究者・実践家の育成を目指している。
 
■この情報の掲載元
http://www.waseda.jp/human/graduate/introduction/concept.html
 
 
地域・地球環境科学研究領域

持続可能な社会構築をめざし環境問題を学際的に解析する
持続可能な社会構築に向けて、地域・地球環境を自然科学および社会科学の分野から分析することを目的とします。自然科学分野では生態学、環境科学、動物行動生態学、水域環境学など、社会科学分野では環境社会学、環境経済学、人口学、人類学などの研究分野があります。また、自然と地域・地球社会との統合的な視座を大切にし、国際的水準の研究・教育能力を有する研究者や実務家などの優秀な人材を養成します。
 
主な進路
大阪産業大学教員、テイジン、朝日新聞社、酉島製作所、三菱商事、三菱UFJリサーチ・コンサルティング、日本放送協会、中日新聞
 
根のバイオマスを測定するためにメルクシマツ林で抜根作業を行っている様子
 
◎研究指導と課程

研究指導名 担当教員名 資格 2012年度募集
環境管理計画学 天野 正博 教授 修士博士
人口学 阿藤 誠 特任教授 ××
生物圏生態学 太田 俊二 准教授 修士博士
環境生態学 森川 靖 教授 修士博士
環境社会学 鳥越 皓之 教授 修士博士
社会人類学 矢野 敬生 教授 修士
水域環境学 井内 美郎 教授 修士博士
地域資源論 柏 雅之 教授 修士博士
動物行動生態学 三浦 慎悟 教授 修士博士
※研究指導の内容は、各担当教員のページで確認できます。教員名をクリックしてください。
※募集項目の×は、開講しているが2012年度は募集しないことを示します。
※修士課程、博士課程の募集詳細については入試情報を、修了要件等については、履修の仕組みをご覧ください。
 
■この情報の掲載元
http://www.waseda.jp/human/graduate/introduction/department/1.html
 

上智大学大学院 地球環境学研究科 地球環境学専攻

更新日 2011-05-26

メッセージ

1.深刻化する地球環境問題

(1)自浄能力を超えた人類活動

科学技術の発達に伴う生産・消費活動の拡大によって、私たち人類の生活は豊かで快適なものになりました。しかし、その一方で、私たちを取り巻く自然の浄化能力は限界に達しています。人類はその活動を通して、自然を都合よく利用するのみならず、それに対して著しいダメージを与えてきたからです。

(2)広がりと多様性

地球温暖化による気候変動、オゾン層の破壊、熱帯林の破壊、野生動植物の種の減少、大気や海洋の汚染、砂漠化、有害廃棄物や化学物質の国境を越えた移動など、「地球環境問題」の広がりと多様性は、それがいかに深刻なものであるかを物語っています。しかも、これらの問題は、これから経済発展を遂げようとする新興国の登場によって、一層悪化することが予想されているのです。

2.地球:豊かさと貧しさの共存

(1)人類が経験したことのない難問

このような地球環境問題は、人類がこれまで経験したことのない難問であり、それを解決できるかどうかが人類の未来を決めるといってもいいでしょう。とはいえ、その解決は決して簡単なものではありません。地球環境を守るといっても、そのために、私たちが享受する豊かさや便利さを捨て去ることはできないからです。

(2)「開発」と「環境保護」

地球環境問題をめぐる先進国と途上国との対立は、その難しさを 象徴するものでしょう。これまで環境を野放図に汚染して豊かになった先進国と、これから豊かになることを環境保護のために阻 害されかねない貧しい途上国との間には、立場の隔たりがあるのです。私たちには、この地球上で、「開発」と「環境保護」という矛盾する目標をうまく両立してゆく知恵が求められているのです。

(3)キーワード: sustainability(持続可能性)

そこで鍵となるのが「sustainability(持続可能性)」あるいは「sustainable development(持続可能な開発)」という考え方です。これは、開発や発展を促しながらも、将来にわたって環境を保 全し、持続可能な地球をめざす戦略です。 地球環境学とは、まさにこの「sustainability(持続可能性)」の考え方に立脚し、個別具体的な解決策を模索してゆく学問なのです。

3.深い見識を持って、いつでも、どこでも行動できる人に

(1)思いを行動に結びつけるために

地球環境問題解決のために何かをしたいと考えている人は、少なくないかもしれません。しかし、問題意識は持っていても、具体的な行動に結びつかない人が多いのではないでしょうか。一方で、国際機関、国や地方自治体、企業、地域社会、NGOやNPO、研究・教育機関などにおいて、地球環境問題に取り組む高度専門職業人の役割が増しているの です。

(2)私たちがめざす人材

こうした現代社会の要求に応えるのが、地球環境問題に対して正確な理解や見識を持ち、深い専門性に裏打ちされた政策立案・実行能力を備えた人材です。私たちの研究科は、「持続可能性」の視点から、環境問題のあらゆる場面、場所で活躍できる人材の育成をめざします。

(3)多様な学問的背景と経験をもつ人を歓迎

私たちの研究科は、従来型の「学部を基礎とする研究科」ではありません。複数の学問領域にまたがる独立の研究科です。このため、大学時代に専攻した学問領域を異にする多彩な学生が集まってきます。また、企業人や公務員、主婦などの社会人にも広く門戸を開き、さまざまな世代がともに学ぶことを歓迎しています。こうした多様な学問的背景と社会経験をもつ人々が互いに刺激しあい、研究に取り組める場、それが私たちの研究科です。

chart

4.「理論」と「実践」を重視した文系理系(文理融合)の総合的カリキュラム

(1)地球環境問題へのアプローチ

環境問題は、人間の行動様式や社会のシステムだけでなく、科学 技術や化学物質といったさまざまな要因によって影響を受ける複 雑な問題です。恵み豊かな地球環境を守り、人や自然に優しい新たなしくみを作り上げてゆくためには、この複雑な問題の本質を多 角的に捉えられる視点が不可欠になります。一つの学問からではなく、文系・理系の枠を超えた幅広い学問からこの問題にアプローチすることによって、それが可能になるのです。

(2)複合的な新しい学問

そこで、私たちの研究科では、法学、経済学、政策学、工学、化学、開発学、社会学、環境金融論などを専門とするトップレベルの研究者が、それぞれの専門分野と同時に、他分野との総合化をも考慮した学際的な教育・研究体制を整え、地球環境学という複合的な新しい学問を学べる機会を提供しています。

(3)「現実」と「政策」を直視

地球環境問題を真に解決するためには、研究から得られた知見を、現実と鋭くかかわらせ、実施可能な政策を考えなければなりません。私たちの研究科では、理論と実践の両面からアプローチする 多彩な科目を揃え、シンポジウムやセミナーの開催を通して、環境問題に取り組む国内外の現場の声を広く教育・研究の中に反映させています。

(4)全学的な取り組みとしての地球環境学教育・研究

上智大学には、地球環境問題を法律・行政の面から考察する地球環境法学科が法学部にあります。また、キリスト教ヒューマニズムや国際性という上智大学の教育理念や独自性は、地球環境の保全を通した人類社会への貢献という意味で、私たちの研究科の精神的支えです。こうした背景が、学内の他学部所属の研究者との協力体制を可能にし、私たちの研究科のカリキュラムをより魅力的にしています。

 
■この情報の掲載元
http://www.genv.sophia.ac.jp/message/index.html
 
 
研究分野
 
1.地球環境学のテーマ

 地球環境問題が世界的に注目されるようになってからまだ数十年しかたっていません。地球規模の生態系と人間の活動の相克から生まれているこの問題は複雑であり、人間がこれまで生み出してきた自然科学および人文社会科学の知識を総合的に応用することが求められています。したがって、地球環境学も、自然科学的知識としては、気候、資源、工学・技術、生態系などの知識、人文社会科学としても、法学や経済学、哲学や倫理学、人口論や社会学など、幅広い学問の融合した領域として形成されなければなりません。
 また、「持続可能な開発」といわれるコンセプトがどのようなものになるべきかという、これまで問われなかったようなテーマも登場しています。さらに細部にいたれば、気候変動の回避なども含めた生態系の保全、大気や海洋などの汚染回避、廃棄物問題、生物多様性の保全、などの問題も深刻です。このように、いまだ、地球環境学は孵卵器(インキュベーター)の中に入れられているといっても過言ではないでしょう。
 
■この情報の掲載元
http://www.genv.sophia.ac.jp/research/index.html
 
 
カリキュラム
 
1.学びのイメージ

自然科学から人文社会科学にまでわたり、地球環境に関連する広い科目群の中から、受講者の問題関心、バックグランド、将来の進路などに応じて自由に科目を選択し、自分のカリキュラム表や時間割を作成することができます。科目の受講者数は、40人程度から数人のものまでさまざまですが、どの授業においても、ベテラン教員による親身の指導をうけることができます。

 globe
 
2.カリキュラム表

カリキュラムは、必修科目、選択必修科目、選択科目からなっています。その他、修士論文の作成が必要です。修士論文の作成にあたっては、指導教員が2年間にわたり個別に指導します。なお、年度によっては開講されない科目もあります。

必修科目 自然保護法 エコロジー経済学 人口と環境 環境マネージメント
演習 環境行政法 環境行政論 途上国の開発と環境 環境会計
講義科目 比較環境法 地球環境政策論 環境倫理 環境歴史学
環境法 環境訴訟 循環型社会政策論 環境研究のフロンティア CSR経営論
環境経済学 国際環境法 環境金融論 エネルギーと環境 ジェンダーと環境
環境政策論 環境法政策 EUの環境政策 農業と環境 地球環境条約論
環境工学 経済学入門 産業廃棄物処理 海洋と環境 環境教育
化学物質と環境 環境と経済制度 環境社会学 ライフサイクルアセスメント 環境研究のための統計学
※年度によって多少の異同があります。
 
■この情報の掲載元
http://www.genv.sophia.ac.jp/curriculum/index.html

鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 地球コース/環境コース

更新日 2011-05-23

■地球環境学科とは

地球環境科学科は、野外系の基礎自然科学を研究・教育している学科です。
地球環境科学科は,地球の自然環境を基礎科学の観点で研究・教育するための学科です。
地球環境科学科は、野外調査(フィールドワーク)を研究の主体とする基礎自然科学の学科です。

地球環境科学科では、理学部附属南西島弧地震火山観測所鹿児島大学総合研究博物館と密接な連携をとりつつ、従来の化学・地学・生物学を基礎としてグローバルな視点から地球の自然環境を理解することを目指しています。

 

■地球の自然を知るための2つの教育コース、4つの講座

地球環境の問題を解決するためには,まず,地球の自然環境そのものをよく知る必要があります.そのために,地球科学分野に基礎をおく地球コース(地質科学講座, 島弧火山講座),分析科学と生物学に基礎をおく環境コース(環境解析講座,多様性生物学講座)の2つの教育コース,4講座で教育が行われます.

■従来の化学、地学、生物学を基礎とした新しい講義体系

地球環境科学は,すでに体系づけられた一つの学問分野ではなく,現在も,そしてこれからも地球の自然環境の問題を解決するために進歩を続けていく新たな学問分野で す.そのために,自らの研究分野の枠にとらわれない幅広い知識,グローバルな視点,そして柔軟な発想で問題を解決していくことができる人材の育成を目指し て,両教育コースが一体となって行われる授業が多数用意されています.また,南九州から南西諸島地域の多様な地学現象や豊かな生物相が織りなす自然に直接 触れて学ぶことができる数々の野外実習が準備されています.

■地球環境科学科の学生受け入れ方針

地球環境科学科では,約2500kmにも達する島弧からアジア熱帯域に至る日本の地勢的環境の中で,地震や火山,地層や化石の成り立ち,多様な動植物の分類と生態,生物の進化,環境中の微量元素分析など,基礎科学の観点から自然環境に関する調査研究がおこなわれています。また,本学科では,総合研究博物館南西島弧地震火山観測所と連繋した研究も行っています。本学科では,自然環境と地球生命共生系についての理解を深め,今日,私たちが直面している様々な自然環境の問題を考察できる幅広い自然科学の基礎を身につけることを大きな教育目的としています。

■共通教育科目と専門教育科目

本学科では,入学後の1年半は幅広い視野を身に付けるために,おもに共通教育科目の中から自然科学だけでなく人文科学・社会科学も含めた分野の勉強をします。専門分野も1年次からいくつかの科目を学んでいきます。2年次後半から主に学ぶ専門教育科目では,地学分野・生物学分野・化学分野という異なる基礎科学の視点で,自然界を支配する環境要因と原理の理解に重点を置いた多様で特色のある教育を行っています。

■特色ある2つの教育コース

学科の中には,地球科学に基礎を置く地球コース(地質科学と地震火山の2講座)と,分析化学と野外系生物学に基礎を置く環境コース(環境解析と多様性生物学の2講座)の2つの教育コース(計4講座)を設けています。

これらのコースでは,それぞれの専門性に応じて,高校理科での「地学」,「生物学」,「化学」,「物理学」と密接に関連した授業(講義,実験,実習)が用意されています。

2年次修了後,いずれかの教育コースに所属することになりますが,どちらのコースに所属する学生も他コースの科目を受講できます。

■卒業後の進路

これまでの卒業生の就職先としては,地質調査,環境コンサルタントやエンジニアリング会社,医薬品・食品メーカー,製造業などの企業,中学・高校の教員,官公庁の公務員などがありますが,大学院(博士課程前期,博士課程後期)へ進学して,より専門的に研究を深めている人も少なくありません。

■この情報の掲載元

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/environ/whatJ.htm

福岡教育大学 教育学部 環境情報教育課程 環境教育コース

更新日 2011-02-24

自然環境の諸問題を総合的に把握し解決策を考える。

本コースでは、自然科学に関する知識や技術を基として、今日の自然環境問題に主体的に取り組み、解決していくことのできる人材の育成を目指します。
ま た、自然科学を環境の視点で捉えることのできる教員・環境教育指導者の育成を目標にしています。基礎的科目においては、物理、化学、生物、地学の全ての分 野から履修するため、自然科学に関する広範な基礎知識を身につけることができ、実験技術の習得も重視しています。また、発展的科目の履修にあたっては、物 質環境系、生命環境系、地球環境系から得意とする科目系を選択し専門分野とできます。教職関連科目を履修することにより、中学校教諭並びに高等学校教諭の 普通免許(理科)を取得することもできます。自然科学全般に関する基礎知識を持つと共に物理・化学・生物・地学のうち1つに高い学力を持ち、自然科学並び に環境に対する深い興味と関心、論理的・客観的思考力、科学的真実を解明するために必要な持続力と探究心等を有する受験生を期待します。
 

コースの特色


本コースは九州・福岡における地域的特色を活かしつつ、自然と人間社会が生み出した複雑な環境問題を、自然科学の視点から探 求し、環境保全・循環型社会を教育面から創出する人材の育成を目指しています。開設されている科目は自然科学全般にわたり、自然科学に関する広範な基礎知 識を身につけることができ、発展的科目の履修にあたっては、物質環境系、生命環境系、地球環境系の中から得意とする科目系を選択履修し、自らの専門分野と することができます。実験・実習や演習、インターンシップを取り入れることで、専門的知識の習得に加え、それを実用化するための企画・行動力や他者とのコ ミュニケーション能力などの育成を図っています。

 

カリキュラムの特色


環境教育コースでは、自然科学(物理学・化学・生物学・地学)の基礎に立脚して環境現象を学びます。2年次から物質環境系・ 生命環境系・地球環境系に分かれ、それぞれの系ごとに基礎科目から環境現象に直結した科目までを体系的に学習します。さらに3年次には物理・化学・生物・ 地学・理科教育のいずれかの分野に所属し、それぞれの分野について、講義・演習や観察・実験・実習などを通してさらに深く学び、4年次では、集大成とし て、卒業研究に取り組み、まとまった研究の体験をします。教員免許取得に必要な単位を選択受講することで、中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一 種免許状(理科)を取得することも可能です。

 

主な授業科目

  • 環境の中の音と光
  • 核・放射線と環境
  • 無機物質環境論
  • 有機物質環境論
  • 保全生物学
  • 環境生物学
  • 自然災害環境
  • 九州の自然環境
    及び関連する各分野の基礎実験など。
 

取得できる教員免許・資格

◇履修方法を工夫することにより、下記の教員免許状が取得可能です。
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭(教員免許状の取得が必要)
  • 社会教育主事補
 

卒業後の進路

  • 環境情報関連企業
  • コンピューター関連企業
  • 理工学関連企業
  • 環境コンサルタント
  • 地質・資源コンサルタント
  • 生涯学習・社会教育関連施設・団体
  • 公務員(環境、防災、生涯学習、社会教育など)
  • 中高等学校教員
  • 学芸員
  • 大学院進学 など
 

■この情報の掲載元
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/view.rbz?pnp=101&pnp=123&pnp=241&ik=1&nd=241&cd=174