Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

帝京科学大学大学院 理工学研究科 環境マテリアル専攻

更新日 2013-04-22

帝京科学大学 大学院 概要


本学大学院理工学研究科は、学部教育の基礎の上にたって、科学・技術の教育研究を通して広く人類の福祉に貢献することを目的とする。

設置の趣旨と教育課程

本学は、平成2年に開学し、平成6年3月に第1回の卒業生を社会に送り出したが、本学の教育・研究の中核である先端科学・技術の諸分野は、その発展が著しく、より高度の教育・研究は、大学院を設置して行わざるをえず、平成6年4月に学部組織の上に、さらに大学院理工学研究科の修士課程を設置した。

大学院博士後期課程においては、さらに広い視野と実践的特色を持った、高度の先端科学・技術の専門技術者および研究者の養成を目的とする。そのためには、それぞれの分野の研究を、より一層深化させる必要があるが、さらにそれ以上に、今後の先端科学・技術の新しい内容の発展が、それら諸分野の学際的、融合的研究・開発に期待されているという点に着目し、その方向に研究・教育を推進するために、修士課程の専攻を博士後期課程では一本化し、「先端科学技術専攻」とした。

そこで修士課程を前期2年の博士前期課程とし、新たに博士後期3年の課程を持つ区分制の博士課程を平成8年4月に設置した。

なお、学問分野は時代とともに推移し多様化するが、本大学院博士前期課程(修士課程)は、それに逸速く対応し、時代の要請に応えるべく、平成17年度からこれまでの3専攻から、下記のように4専攻にし、より充実させた。

理工学研究科 博 士 課 程
前期課程(2年)
(修士課程)
後期課程(3年)
アニマルサイエンス専攻

環境マテリアル専攻

バイオサイエンス専攻

メディア情報システム専攻
先端科学技術専攻

理工学研究科の組織

博士前期課程(修士課程)
  1. メディア情報システム専攻では、各種情報処理の基礎的能力を十分に修得させた上で、システムデザイン分野、ネットワークシステム分野、およびマン・マシーンインターフェース分野におけるより高度な知識と能力を持つ技術者・研究者の育成ができるよう教育課程を編成している。
  2. バイオサイエンス専攻では、生物科学の諸分野の基礎的領域とその応用分野である生物工学分野を含む幅広い領域で柔軟に教育を行い、バイオサイエンスの基礎的素養と応用技術を持った人材の育成ができるよう教育課程を編成している。
  3. アニマルサイエンス専攻では、人間と飼育動物との良好な関係の構築、野生動物の衛生、環境エンリッチメント、生態、保全、など人間と動物との共生に関する教育・研究を通して、動物関連の科学や産業の発展に寄与しうる技術者・研究者の育成ができるよう教育課程を編成している。
  4. 環境マテリアル専攻では、生物と環境との関わり、環境を分析し自然と共存していくための科学、環境負荷の少ないすなわち環境に優しい物質の創製など、環境に関する教育・研究を通して、環境関連の科学や工学の発展に寄与する研究者・技術者を育成するための教育課程を編成している。

    履修及び研究指導

    博士前期課程(修士課程)
    1. 専攻により若干の相違があるが、修了に必要な30単位のうち約1/2を講義科目で修得させ、その2~2.5倍以上の単位数を持つ多くの授業科目を準備し、各専攻の中で、さらにそれぞれの専門分野に関係した授業を、余裕を持って選択し得るよう工夫している。
    2. 各専攻に共通して、輪講が第1から第4まで置かれているが、これは各指導教員が単独もしくは共同して、文献の講読指導を行うものであり、各専門分野に関係した研究雑誌の論文等を中心に討議を行うことにより、学生の研究能力を高めることを目的とする。
    3. 各専攻に共通して、特別実験が第1、第2と置かれている。これは、学内の実験設備を用いた実験もあるが、テーマによっては、関連の他大学・研究機関や企業等において学生が行う実験・研究も積極的に取り入れる。

    大学院研究センター

    本学では、文部科学省の「私立大学学術研究高度化推進事業」(ハイテク・リサーチ・センター整備事業)の拠点のひとつとして選定され、バイオテクノロジー研究センターと未来材料研究センターをそれぞれ開設した。

    バイオテクノロジー研究センター
    平成12年春に開設以来、バイオテクノロジー研究センターは「遺伝子」をターゲットにした基礎研究中心の第1期につづき、分子、細胞、生物個体の3レベルで「バイオホメオスタシス」の研究を行った弟2期のプロジェクトを平成20年3月に終了した。現在は、その設備を利用して生命系に関わる先端研究・開発のための拠点としての役割を担っている。
    未来材料研究センター
    未来材料研究センターは、「環境適合未来材料及びシステムの構築と構造解析」、続く「生体分子・粒子を制御する活性を通じて人間環境を改善する高分子生化学材料の合成」のプロジェクトを終了している。現在は、その設備を利用して未来材料に関わる研究・開発のための拠点としての役割を担っている。
    ■この情報の掲載元
    http://www.ntu.ac.jp/gakubu/grad/index.html


    専攻科目


    研究分野・授業科目及び担当教員


    博士前期課程(修士課程)


    環境マテリアル専攻

    分野 授業科目 担当教員
    環境科学 環境マテリアル分析科学特論 教授 栗林 清
    環境有機化学特論 教授 釘田 強志
    エコマテリアル特論 教授 落合 鍾一
    環境機能材料 機能性セラミックス材料 教授 高木 喜樹
    材料物性 教授 小杉 俊男
    自然環境 環境共生学特論 教授 岩瀬 剛二
    植物環境生理学特論 教授 渡邉 浩一郎
    環境野生動物学特論 准教授 篠原 正典
    環境生態学特論 講師 下岡 ゆき子
    共通 環境マテリアル輪講第一 各教員
    環境マテリアル輪講第二
    環境マテリアル輪講第三
    環境マテリアル輪講第四
    環境マテリアル特別実験第一
    環境マテリアル特別実験第二

    ■この情報の掲載元
    http://www.ntu.ac.jp/gakubu/grad/senkou/index.html#grad_kankyo