Javascriptをオンにして下さい。
「環境人材育成コンソーシアム」とは

検索ページへ戻る

早稲田大学大学院 人間科学研究科 地域・地球環境科学研究領域

更新日 2012-04-17

人間科学研究科の理念

人間科学研究科では、科学技術の飛躍的な進歩のなかで失われた人間性を回復するために、人間と環境の調和や心身の健康の維持増進などを通して生活の質の向上に貢献するような、人間を中心においた総合科学を形成することを目的としている。

このような人間の総合的な理解のために、人間科学研究科ではきわめて多岐にわたる研究がおこなわれているが、それら相互に連携をもたせるために、各研究指導を地域・地球環境科学研究領域人間行動・環境科学研究領域文化・社会環境科学研究領域健康・生命医科学研究領域健康福祉科学研究領域臨床心理学研究領域感性認知情報システム研究領域教育コミュニケーション情報科学研究領域の8つの研究領域に分け、人間科学専攻を構成している。

各研究領域に所属する学生は、所属する研究指導の演習に専念するだけでなく、同じ研究領域内の関連する多様な講義や演習、他の研究領域の講義科目などを広く履修して、学際的な人間総合科学の全体像を把握し研究を行う。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

各研究領域およびコースにおいては、それぞれ国内・国際的に活躍する高い専門性を備えた研究者・実践家の育成を目的とすることはいうまでもない。しかし、それと同時に、人文・社会科学と自然科学が相互浸透する総合科学としての人間科学を追究するわが国で最初期の大学院のひとつとであることから、高い専門性を取り巻く広い学際性を背景にして、時代や社会が要請する人間をめぐる多様な諸問題に対応できる柔軟な応用力を備えた、しなやかなセンスのある新しいタイプの研究者・実践家の育成を目指している。
 
■この情報の掲載元
http://www.waseda.jp/human/graduate/introduction/concept.html
 
 
地域・地球環境科学研究領域

持続可能な社会構築をめざし環境問題を学際的に解析する
持続可能な社会構築に向けて、地域・地球環境を自然科学および社会科学の分野から分析することを目的とします。自然科学分野では生態学、環境科学、動物行動生態学、水域環境学など、社会科学分野では環境社会学、環境経済学、人口学、人類学などの研究分野があります。また、自然と地域・地球社会との統合的な視座を大切にし、国際的水準の研究・教育能力を有する研究者や実務家などの優秀な人材を養成します。
 
主な進路
大阪産業大学教員、テイジン、朝日新聞社、酉島製作所、三菱商事、三菱UFJリサーチ・コンサルティング、日本放送協会、中日新聞
 
根のバイオマスを測定するためにメルクシマツ林で抜根作業を行っている様子
 
◎研究指導と課程

研究指導名 担当教員名 資格 2012年度募集
環境管理計画学 天野 正博 教授 修士博士
人口学 阿藤 誠 特任教授 ××
生物圏生態学 太田 俊二 准教授 修士博士
環境生態学 森川 靖 教授 修士博士
環境社会学 鳥越 皓之 教授 修士博士
社会人類学 矢野 敬生 教授 修士
水域環境学 井内 美郎 教授 修士博士
地域資源論 柏 雅之 教授 修士博士
動物行動生態学 三浦 慎悟 教授 修士博士
※研究指導の内容は、各担当教員のページで確認できます。教員名をクリックしてください。
※募集項目の×は、開講しているが2012年度は募集しないことを示します。
※修士課程、博士課程の募集詳細については入試情報を、修了要件等については、履修の仕組みをご覧ください。
 
■この情報の掲載元
http://www.waseda.jp/human/graduate/introduction/department/1.html