環境人材育成コンソーシアムについて
English
活動報告
環境教育に関する情報
環境人材育成先進大学紹介
入会申し込み・お問い合わせ
メールニュース
リンク
環境省ELIAS
環境人材育成先進大学事例


環境省プログラム開発事業
こちらから

岩手大学
こちらから

岩手大学タイトル
 
  全学対象   岩手大学タイトル2

岩手大学は、「学びの銀河」プロジェクト(※)で、ESD(持続可能な開発・発展のための教育)の価値観の下に、幅広い視野と人類的諸課題に関する知識を持ち(横軸)、深い専門性を備え(縦軸)、持続可能な社会の形成に寄与する「T字型」人間の育成に取り組んできた。

本プログラムは、その基盤の上に、[1]共通教育の充実(科目開発と教材開発)、[2]ISO14001学生監査員育成の実習科目の開発、[3]産学官民連携による地元中小企業の「環境報告書」作成支援の取組を進める。それにより、基礎的環境力(横軸)の充実に加え、個々の専門(縦軸)の他に「環境マネジメント」に関する実践的環境力をもう1つの縦軸として備えた「π字型」環境人材の育成に取り組む。

また、[4]いわて高等教育コンソーシアムや岩手県幼小中高大専ESD円卓会議、CSR/環境人材育成研究会と連携し、地域貢献に関わるインターンシップやボランティア活動を進める。

以上のプログラムを修了した学生に、[5]「環境管理実務士」の資格認定を岩手大学として行う。

※「学びの銀河」プロジェクトについては下記サイトを参照(岩手大学のプロジェクトサイト)
http://esd.iwate-u.ac.jp/



岩手大学1
岩手大学2
図:ISO14001と産学官民連携を活用した「π字型」環境人材育成プログラム