環境人材育成コンソーシアムについて
English
活動報告
データベース
環境人材育成先進大学紹介
入会申し込み・お問い合わせ
メールニュース
リンク
環境省ELIAS

代表幹事挨拶


    アジアの急速な経済成長や人口増加等に伴い、資源・食料・水需要の拡大、公害・健康被害の発生、温室効果ガス排出の増大等が顕著になってきており、 人類の持続可能性が脅かされようとしています。このようなアジアにおいて持続可能な社会の構築を実現するためには、我が国及びアジアの環境保全に取り組むとともに、 環境の視点を社会経済活動に統合してグリーン・イノベーションを牽引し、経済社会をグリーン化できる「環境人材」の育成が急務の課題となっています。

    「21世紀環境立国戦略」や「イノベーション25」の骨子である環境経済成長戦略を踏まえ、環境省が平成20年に策定した 「持続可能なアジアに向けた大学における環境人材育成ビジョン」(以下「環境人材育成ビジョン」という。)では、 「自らの体験、倫理観を基盤として、環境問題について自ら考え、各人の専門性を活かしたキャリア、市民活動等を通じて、持続可能な社会づくりに取り組む強い意志を持ち、リーダーシップを発揮して、社会を担っていく人材」としての環境人材の育成強化を謳っています。そのような環境人材は、今や企業や行政の環境担当部門だけでなく、社会のあらゆる分野、部門で求められており、その育成に当たっては、大学等の教育機関だけではなく、産学官民、全ての関係者が協働していくことが必要と考えられます。

    さらに、平成20年5月に総合科学技術会議が取りまとめた「科学技術外交の強化に向けて」が指摘するように、我が国の科学技術を世界に打ち出して人類社会に貢献していくことも視野に、科学技術外交を支える人材育成やそのような人材の国際的なネットワークづくりを促進することが必要となっています。

    このような状況の中、環境人材育成ビジョンに基づき開始された「アジア環境人材育成イニシアティブ」を踏まえ、産学官民の有志は、大学・企業・行政・NPO等の産学官民連携プラットフォームとして「環境人材育成コンソーシアム」(EcoLeaD: Environmental Consortium for Leadership Development)を設立致しました。EcoLeaDは関係府省と連携し、我が国及びアジアにおいて、持続可能な社会構築をリードする環境人材の育成・活用、そのためのネットワーク形成等の支援を行うことにより、地球環境の保全及び持続可能な発展に寄与することを目的としております。

    EcoLeaDでは、産学官民の関係者間のネットワーク構築に向けた出会い・交流・研究発表の場の提供や、環境人材に関する情報を一元化するための情報インフラ構築事業等を行うと共に、環境省と協働で大学・大学院における環境人材育成のための教育プログラム構築事業を行い、プログラムガイドラインを公開する等、様々な事業を実施しております。今後も、会員大学、企業、行政、NPOの情報・人材交流のためのプラットフォームとしての機能を一層強化しつつ、会員の環境人材育成の取り組みを強力に支援する各種の新たな事業を展開して参ります。

    関係機関、関係各位のEcoLeaDへの積極的なご参加をお願いするものです。

環境人材育成コンソーシアム
代表幹事 安井 至(東京大学名誉教授)